smadan

ホワイトボード選びでわかるオフィスの哲学

ホワイトボード選びでわかるオフィスの哲学

イノベーションは、次々と価値を創造する企業のエネルギーの源だ。しかし、日本人の気質として、既存の概念を破壊して環境が変化することを好まないせいか、なかなか画期的なイノベーションに結びつけることができていない面もある。

イノベーションを起こすための第一歩、ブレーンストーミングに欠かせないツールのひとつが、ホワイトボードである。

IT化が進んだ今の時代、何十年も前からオフィスで使われてきたホワイトボードは、ちょっとアナログなもののように思えてしまうかもしれないが、逆に、むしろIT企業のほうこそホワイトボードをフル活用しているという点が面白い。

会議室には横長のホワイトボードという定番のイメージを捨て、どんなホワイトボードをどんなふうに使うか、選び方にこだわってみてはいかがだろうか。

シリコンバレーの企業はホワイトボード好き


イノベーションを起こすための思考法のひとつに、デザイン思考(デザインシンキング)というものがある。これはスタンフォード大学の「d.school」で実践している思考法で、世界的なイノベーティブ企業が次々と採用している。

d.schoolは、GoogleやAppleなど世界的に有名なIT企業が集まる、米カリフォルニア州シリコンバレーにある。シリコンバレーの企業を訪れた日本人は、たいてい、そのホワイトボードの多さに驚くそうだが、d.school内でも、膨大な数のホワイトボードが活用されている。ホワイトボードはイノベーションを起こすために必要不可欠なものなのだ。

パーテーションのように天井から吊り下げられたホワイトボードや、ホワイトボードでできた壁など、どのホワイトボードも、学生たちは思いついたアイディアやイラスト、ポストイットなどでいっぱいになっており、賑やかなことこの上ない。

こうした膨大なホワイトボードのある光景は、シリコンバレーのスタートアップ企業では珍しいものではない。オフィスのどこにいても手の届く範囲にホワイトボードを用意しておき、アイディアが浮かんだらすぐに手近なホワイトボードにどんどん書き足していくというスタイルが、世界を変えるイノベーションの数々を生んでいるのだ。

デザイン思考の実践に最適な稼働式ホワイトボード


オフィス用品を扱う株式会社イトーキでは、こうしたデザイン思考を徹底させるために、自社のオフィスにおいても様々な工夫を凝らしている。
「思考のプロセスを変え、行為のデザインを変えることによってイノベーションを起こす」という考えのもと、通常の会議スペースとは別に、デザイン思考のための「アクティブワークスペース」という空間を設けているのも、そうした試みのひとつ。このアクティブワークスペースにスタッフが集まり、アイディアを出し、新しい解決策などを共創している。

会話の音が響かない作りになっていたり、天井までの本棚が作られていたりする部屋のデザイン自体も目をひくものだが、特徴的なのは、スタンドに立てられる何枚もの可動式の「セーブボード」というホワイトボードが部屋に用意されていることだ。

このセーブボードは軽量で、一人でも持ち運びができるので、必要な分用意して大きく広げて使う。
デザイン思考には、「共感する」「問題定義する」「アイディアをたくさん出す」「プロトタイピング」「検証しフィードバックを得る」という5つのプロセスがあるが、このうちの「アイディアをたくさん出す」をブレストで行う際に、セーブボードが活躍することになる。

その使い方のポイントは、いかに「非経験者」や「若い人」の気づきを拾い上げるかということにある。セーブボードに書き込む担当を決めてしまうと、なんとなく意見が集約されるような形になってしまい、新しい気づきにつながりにくくなってしまう。そこで、参加者の“階層”をつくらないように、参加全員者が、各々のホワイトボードに、気づいたことやアイディアをすべて書いていく。

このとき、椅子に座らないで書くのがイトーキでのルールとのこと。椅子に座ると、“大きなアイディア”だけ出すようになってしまったり、会議の中で上下関係がついてしまいやすいので、フラットな関係で会議を進めるために、全員が立ったままでセーブボードに書いていく。

セーブボードは専用のテーブルフレームに置くと、デスクの天板になり、書き込めるデスクにもなる。
こうすれば、デザイン思考のプロセス「プロトタイピング」にも使うことができ、フィードバックを受けて改良・改善していく作業にも威力を発揮できそうだ。

セーブボードは、書いたことを消さずに元のスタンドにストックできるので、次に集まる時までそのまま収納保管しておけることも便利なポイントだ。

あわせて読みたい

  • アパレル販売員 儲かっても還元なし

    アパレル販売員 儲かっても還元なし

  • 低賃金労働者にプロを求める日本人

    低賃金労働者にプロを求める日本人

  • ブラック企業に入社したらどうすべき

    ブラック企業に入社したらどうすべき

  • "プレ金"開始から1年 変わらない働き方

    "プレ金"開始から1年 変わらない働き方

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年5月30日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース