review

村上春樹の新作短篇小説は、短歌を書き、人生論を語り、レコード愛を披露する「三つの短い話」

8月5日に『村上RADIO』(TOKYO FM/JFN38局ネット)で初めてラジオDJを務めることが発表されて話題となるなど、相変わらず注目を集める国民的作家・村上春樹。彼の新作短編が、6月7日発売の文芸誌『文學界』に掲載されている。
村上春樹の新作短篇小説は、短歌を書き、人生論を語り、レコード愛を披露する「三つの短い話」
『文學界』2018年7月号

長篇『騎士団長殺し』を昨年刊行したが、短篇となると短篇集『女のいない男たち』以来約4年ぶり。「三つの短い話」というタイトルが付けられ、その名の通り15ページ前後の短い小説が3つ収められている。
主人公の昔経験した奇妙な出来事を語るというのが、各篇共通のストーリーラインだ。

短歌を書いた村上春樹「石のまくらに」


1篇目の「石のまくらに」は、〈僕〉が19歳の時の話。
〈僕〉はある日、アルバイトの同僚で20代半ばの女性と一夜を共にする。同僚は〈ねえ、いっちゃうときに、ひょっとしてほかの男の人の名前を呼んじゃうかもしれないけど、それはかまわない?〉と聞いてきたり、翌朝になると〈私は短歌を書いているの〉なんて言い出す、どこか風変わりな子だった。
一週間後、〈僕〉の家には彼女自作の歌集が送られてくる。一度寝たのを境に、2人が再び会うことはなかった。それから長い時を経てなお、〈僕〉は歌集を時々読み返しては彼女のことを思い出している。

村上作品といえばビートルズの「ノルウェーの森」をはじめ、音楽が主人公の記憶を呼び覚ましたりテーマ曲的な役割を果たしたり、物語の鍵を握る存在であることが多かった。だが、今回は違う。どんなに大切な過去でも、戻ることはできないという喪失感。そのテーマを短歌に象徴させるのが珍しい試みで、要注目だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク