smadan

米人気コメディ番組が突然の打ち切り 原因は大炎上した主演女優の差別ツイート 

米人気コメディ番組が突然の打ち切り 原因は大炎上した主演女優の差別ツイート 

アメリカのミレニアル世代が「新しい情報をアップデートする」という意味で使う「Woke」をタイトルの一部に組み込んだ本コラムでは、ミレニアル世代に知ってもらいたいこと、議論してもらいたいことなどをテーマに選び、国内外の様々なニュースを紹介する。今回取り上げるのは、主演女優のツイートが大炎上し、打ち切りが決定したアメリカの人気コメディドラマ「ロザンヌ」にまつわる騒動。ファンは突然の打ち切り決定に動揺を隠せない。   

物議を醸すツイートはもはや芸の域に
炎上や批判には目もくれないトランプ大統領


影響力のある人物がソーシャルメディアで、考えの異なる、もしくは敵対する他者を叩くという行為は、2018年現在もはや珍しいものではない。それでも、投稿者の社会的な地位や、投稿の内容によっては、大きな騒動へと発展し、結果的に築き上げたキャリアをたった1回の投稿で台無しにしてしまう人もいる。

唯一の例外はアメリカのトランプ大統領だろうか? 12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩委員長との関係改善をアピールしたトランプ大統領。少し前までは、ツイートや報道陣への発言の中で金委員長を「小さなロケットマン」と呼び、米朝関係が最も緊迫した際には、アメリカが北朝鮮よりもより強力な核兵器を数多く保有しているとツイートし、周囲を唖然とさせた。

シンガポール入りする前に出席したG7サミットでは、関税を巡って同盟国からの支持を得ることができず、のちにカナダのトルドー首相をツイッターで「不誠実で弱虫だ」と非難している。同盟国やそうでない国といったことは関係なく、トランプ大統領は標的にした国の首脳を、合衆国大統領とは思えない言葉で罵ることが少なくないが、ツイートが原因で職を失うことはまずないだろう。

トランプ大統領は13日にもツイッターに物議を醸す投稿をしており、一番新しい標的になったのは俳優のロバート・デ・ニーロであった。デ・ニーロは10日に行われたトニー賞授賞式で、プレゼンターとしてブルース・スプリングスティーンの演奏を紹介する際、「一言だけ言っておきたい。トランプはクソ野郎だということを」と発言。

デ・ニーロの発言はカナダとシンガポールを訪れていたトランプ大統領も気にしていたようで、米朝首脳会談終了後にシンガポールを離れてすぐ、大統領専用機「エアフォースワン」の機内で真っ先に行ったのがツイッターでのデ・ニーロ叩きであったとされている。トランプ大統領は、「ロバート・デ・ニーロは非常にIQが低い人物。映画の中でボクサーに殴られ続けたため、パンチドランカー状態になっているんだろう」とツイートし、怒りを露わにしている。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月19日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。