review

佐野元春の曲を使う三沢光晴、「サンライズ」は元は天龍向けの曲だった?『プロレス・スーパーギター列伝』

筆者が初めて買った洋楽のCDは、確かKISSの『Smashes, Thrashes & Hits』かイングヴェイ・マルムスティーンの『Eclipse』だった気がする。前者はスティーブ・ウイリアムス、後者は田上明、どちらにしろプレロスラーの入場テーマ曲が目当ての購入であった。
プロレスを観つつ、無意識にロックの扉を開けている。思春期にプロレスを触れた男の子であれば、誰しも身に覚えのある経験だと思う。プロレスとロックは、ジャンルとして親和性の高い関係にある。

蝶野を”黒いカリスマ”へ変身させた新テーマ曲


「YOUNG GUITAR」7月号(シンコーミュージック・エンターテインメント)の表紙を見ていただきたい。三鷹の暴走族でありサッカー少年だった蝶野正洋が、フライングVを抱えポーズしている。
佐野元春の曲を使う三沢光晴、「サンライズ」は元は天龍向けの曲だった?『プロレス・スーパーギター列伝』
「YOUNG GUITAR」7月号(シンコーミュージック・エンターテインメント)

同誌が今回組んだ企画は、名付けて「プロレス・スーパーギター列伝」。端的に言えば、プロレステーマ曲特集だ。

テーマ曲のことはひとまず置き、蝶野のレスラー人生を振り返りたい。88年に有明コロシアムで初見参した闘魂三銃士。グレート・ムタの大ブレイクを経て凱旋帰国した武藤敬司、猪木イズムを体現する“強さ”を押し出す橋本真也に比べ、蝶野は遅れを取っていた。G-1クライマックスで3度の優勝を果たしても、名脇役のポジションを脱することができず。
ジレンマに陥った蝶野は、選手会長の役職を離れヒール転向を果たした。コスチュームは白から黒へチェンジ。そして、入場テーマはミドルテンポの「FANTASTIC CITY」を返上。

あわせて読みたい

「佐野元春の曲を使う三沢光晴、「サンライズ」は元は天龍向けの曲だった?『プロレス・スーパーギター列伝』」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    これはいい記事! 「移民の歌」の謎に迫る下りは特にいいね!

    7
  • 匿名さん 通報

    サンライズ=Uriah Heepと連想してしまうのは拙者だけだろうか。

    0
  • 匿名さん 通報

    わが愛するスペクトラムの曲が、たった1曲だけでもいまだに愛好されるのはハンセンのおかげだからなぁ。ちょっとだけ複雑でもあるが、感謝してる。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース