review

難問『サイゼリヤのまちがいさがし』が本になった。答えも確認できる、腰を落ち着けて家でやる

子を持つ親として、「サイゼリヤ」の間違い探しには何度もお世話になっている。

幼い子供を連れて外食に出かけるのは何かと気を使う。そのうちのひとつが「待つ」時間。好奇心旺盛な子供はとにかくじっとしていない。ボタンがあれば押そうとし、店内を冒険しようと歩き出し、突然歌って踊り出す。

料理が届くまで、親はあの手この手で気を引くことになる。そんな時にサイゼリヤのキッズメニューにある「まちがいさがし」はとてもありがたかった。一緒に間違いを探しているあいだは、じっと椅子に座ってくれるからだ。

その間違い探しが『サイゼリヤのまちがいさがし』として、一冊の本になった。ご存じない方はただの児童書だと思うかもしれない。しかし、経験者は「あの間違い探しが……!」と震えるはずだ。

実はこの間違い探し、大人も歯が立たないほど、とんでもなく難しいのである。
難問『サイゼリヤのまちがいさがし』が本になった。答えも確認できる、腰を落ち着けて家でやる
『サイゼリヤのまちがいさがし』(新星出版社)

メニュー全体に仕掛けられた「間違い」


改めて説明すると、「サイゼリヤ」は全国に店舗を展開するイタリアンレストランチェーン。通常のメニューとは別に「キッズメニュー」があり、その表紙には食材へのこだわりがイラストで描かれている。

キッズメニューの表紙と裏表紙には一見同じイラストが描かれているように見えるのだが、この2つのイラストには10個の「まちがい」がある。キッズメニューの間違い探しが誕生したのは2005年のこと。企画した当時の商品企画部長は、現在社長(堀埜一成氏)になっている。

あわせて読みたい

  • 新テラハ。イタリアンとはサイゼリアだ

    新テラハ。イタリアンとはサイゼリアだ

  • 大喜利で子供と「死」について話す方法

    大喜利で子供と「死」について話す方法

  • 「イッパイアッテナ」映画化で思うこと

    「イッパイアッテナ」映画化で思うこと

  • 気づかいとは、見て見ぬふりをすること。松尾スズキの絵本『気づかいルーシー』

    気づかいとは、見て見ぬふりをすること。松尾スズキの絵本『気づかいルーシー』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年7月19日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース