超特急 『“超”超フェス』最終日に破壊力抜群のパフォーマンス 来年の超フェス開催も高らかに宣言

超特急 『“超”超フェス』最終日に破壊力抜群のパフォーマンス 来年の超フェス開催も高らかに宣言
撮影/米山三郎、深野輝美、冨田望
※すべての画像を見る※

ニューシングル『Jesus』を8月8日にリリースし、同日より主催イベント『“超”超フェス』を開催していたダンス&ボーカルグループ超特急が、その最終公演を翌8月9日に行った。

初日にはPUFFY、コロッケ、DAIGOが出演し、エンタメ性満点のステージで客席を湧かせた本イベントは、年代もジャンルもバラバラな“超”ゲスト陣と超特急との化学反応が最大の見どころ。この日もベリーグッドマン、DJ和、FLYING KIDSと、一見、超特急とは接点の見つからない面々を迎えつつ、だからこその新たな出会いと刺激で、会場の東京国際フォーラム・ホールAを埋め尽くした5000人を沸騰させた。

イベントのテーマである“超”夏まつりに則って、ステージに設置された巨大な祭やぐらに超特急の6人が姿を現すと、「『“超”超フェス』2日目始まりました。皆さん楽しんでいきましょう!」というカイの号令から「Jesus」でライブをスタート。発売直後の新曲にもかかわらず、8号車と呼ばれるファンと共に踊り、客席を揺らしまくるその浸透力の高さは驚くばかりだ。

また、初日とは柄違いの涼やかな甚平を着用してのパフォーマンスも、夏祭り感満点で実にレア。「男性!」「女性!」「お子さん!」と呼びかけるユースケの元気印も相まって、彼らの若さとパワーを引き立たせた。

お祭りでの好きな屋台について6人がトークし、リーダーのリョウガが「この『“超”超フェス』を人生というくくりの中で一番の祭りにしていこうぜ!」とキメる間に舞台上ではセットチェンジが。ズラリと楽器が並び、“超”ゲストのトップバッターを飾ったのは30年のキャリアを誇るファンクバンドFLYING KIDS だ。両手を高く掲げてのクラップから「ラッセーラ」を勢いよく届けると、客席ではカラフルなペンライトが軽快にリズムを取ってゆく。やぐらに紅白幕&提灯が彩るにぎやかなステージに、ツインギターのバンド編成+コーラス、キーボード、パーカッション、サックスのメンバー9人が並ぶ様は非常に壮観。

あわせて読みたい

  • 「a-nation」長崎で開催 SUPER JUNIOR-D&E、倖田來未、超特急らが豪華共演

    「a-nation」長崎で開催 SUPER JUNIOR-D&E、倖田來未、超特急らが豪華共演

  • 超特急、STV創立60周年記念イベントで氣志團&金爆と顔洗濯バサミ&白塗りのカオス

    超特急、STV創立60周年記念イベントで氣志團&金爆と顔洗濯バサミ&白塗りのカオス

  • 超特急 5日間連続『超フェス』最終日は宿敵・金爆と対決、超特急メンバーまさかの白塗りで登場

    超特急 5日間連続『超フェス』最終日は宿敵・金爆と対決、超特急メンバーまさかの白塗りで登場

  • 超特急 5日間連続『超フェス』4日目にSonar Pocket登場、「ソナ特急!」コールで大盛況

    超特急 5日間連続『超フェス』4日目にSonar Pocket登場、「ソナ特急!」コールで大盛況

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年8月10日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース