review

路線図の時空は歪んでいる。路線図に魅入られた者たちによる狂おしくも『たのしい路線図』の世界

地下鉄はおおむね暗渠を走るため、《乗客は、自分がどこにいてどの方向に向かいつつあるのかを、知ることが出来ない。ただ、出発駅と到着駅を知っているだけなのであり、その意味で地下鉄は、これからそれに至る時間経過に過ぎない》と、書いたのは劇作家の別役実である(別役実『日々の暮し方』白水社)。

言われてみればたしかに、車窓を見ても真っ暗な風景しかない地下鉄の車内では、空間を移動しているという感覚は乏しく、時間が経過するのを待っているというほうが正しいかもしれない。
路線図の時空は歪んでいる。路線図に魅入られた者たちによる狂おしくも『たのしい路線図』の世界
井上マサキ・西村まさゆき『たのしい路線図』(グラフィック社)。帯文にあるとおり「路線図をただ眺めて『いいねぇ』って言いたい!」という思いが高じて生まれた本だとか

路線図における「時空の歪み」


別役実は、地下鉄での移動が「時間経過に過ぎない」証拠として、《地下鉄の各駅には、それぞれの駅に到達するための所要時間は書いてあるが、距離と方角は書いていない》ことをあげている。これはおそらく路線図のことをいっているのだろう。現に、たいていの地下鉄の路線図は、駅間の距離や位置の正確性などは無視してデザインされている。なぜなら、利用者が何よりも知りたいのは、現在いる駅から目的の駅にいたるルートであって、距離や方角といった情報はあまり求めていないからだ。

現在の地下鉄路線図のルーツとされる、ロンドンの地下鉄路線図はまさにそうした発想から生まれた。そこでは路線が実際の線形とは関係なく、垂直・水平・斜め45度の直線にそろえて描かれている。この路線図は1931年に完成し、後年、世界中の地下鉄にかぎらず多くの鉄道の路線図のデザインに影響をおよぼした。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース