smadan

「検討大好きさん」「伝書鳩さん」生産性向上を阻害する「7つのあるある」から脱却を目指す損保ジャパン

「検討大好きさん」「伝書鳩さん」生産性向上を阻害する「7つのあるある」から脱却を目指す損保ジャパン
画像はイメージ

損害保険ジャパン日本興亜は、「小さな本社」を指向し、現場力の向上やボトムアップでの意思決定を重視した働き方改革を推進している。
保険の提案を行う際に本社に条件などを申請するケースがある。これは損保業界だけではなく、生保業界や銀行業界も含めた金融機関にはよくあることだ。
同社は、大胆にも権限を委譲して現場が意思決定を行うことで、スピーディーな顧客対応を可能にした。
また、金融機関では情報漏洩の観点から困難とされてきたテレワークやシフト勤務、時差Bizにも果敢にチャレンジしている。働き方改革を具現化することに成功した秘訣について、同社の経営企画部企画グループ 特命課長の安部光氏、人事部企画グループ 課長代理の山本祥太氏、業務改革推進部企画グループ 課長代理の岩澤裕美氏に話を聞いた。
「検討大好きさん」「伝書鳩さん」生産性向上を阻害する「7つのあるある」から脱却を目指す損保ジャパン
左から損害保険ジャパン日本興亜の山本祥太氏、安部光氏、岩澤裕美氏


生産性向上や効率的な働き方を阻害する「7つのあるある」とは


――まず御社での働き方改革の概略と理念から
安部光氏(以下 安部) 2015年から本社部門を中心に働き方改革を進め、組織の大括り化、意識行動変革による生産性向上を図り、本社は内向きな仕事を効率化し、その分本社にしかできないことに注力するとともに、本社は現場を支援する仕事に力点を置く「小さな本社」を指向していくこととしました。
その価値観を社員全体で共有し、意識・行動を変えていくため、「小さな本社における働き方」と題したハンドブックを社内向けに製作しました。ハンドブックでは、生産性向上や効率的な働き方の阻害要因として7つの項目を挙げております。

(1)ヒラメさん:現場より本社内の評価を重視
(2)やりっぱなしさん:総括を行わない施策を繰り返す
(3)前例踏襲さん:効率が悪いのに変化やチャレンジが怖い
(4)検討大好きさん:実行に踏み出さず、ずっと検討を続けている
(5)タコツボさん:自部署の仕事が最重要
(6)横並びさん:大人数を集めて検討を推進
(7)伝書鳩さん:「○○さんの発言」というお守りを重視

これは当社の中で、現場や本社問わず起きている「あるある」です。組織が大きくなればなるほど、個人の業務範囲は狭くなり、より専門性が求められます。これがマイナスに作用していないか、視野が狭く、目線が低くなっていないか、ミスを恐れていないかなどを見直すきっかけにしています。
さらに昨年度から「ゼロベースの仕事の棚卸」と「3つの改革」を展開しています。
「ゼロベースの仕事の棚卸」は業務改革推進部で、「3つの改革」は人事部がそれぞれ戦略的に担当しています。
「検討大好きさん」「伝書鳩さん」生産性向上を阻害する「7つのあるある」から脱却を目指す損保ジャパン
損保ジャパンが社内向けに配布している「小さな本社における働き方」


――「ゼロベースの仕事の棚卸」とは、具体的にどのような取組みでしょうか?
岩澤裕美氏(以下、岩澤) 「ゼロベースの仕事の棚卸」は、より付加価値の高い業務にシフトしていくための時間を創出する大切な第一歩と位置付けています。形骸化したルールや、お客さま目線に立った時に価値を生まない業務の見直しに向けて、本社は改革、現場はカイゼンの実行を行う取組みで、昨年度から開始しました。
本社は各種ルール等の廃止や変更に加え、システム刷新やRPAの活用などにも踏み込み、現場は職場にある独自ルールの見直しなどを中心に取り組んでいます。ただの「棚卸」や仕事の削減だけではなく、創出した時間でどうイノベーティブな仕事を行うか、お客さまへの提案を行うかなど、より付加価値の高い業務へシフトしていくことまでを目指す取組みです。

――昨年から始まった「棚卸」で本社の改革、現場のカイゼンで具体的な見直しがあればお願いします。
岩澤 例えば、現場でお客さまへ保険を提案する際に、本社に申請が必要なケースがあります。申請が通るまで数日間待つこともあり、お客さまに正式に提示するまで、お待たせしてしまうことがありました。これを現場にある程度権限を委譲することで、スピードアップを実現しました。
それ以外にも昨年度は、本社で約190個の棚卸を実施しました。形骸化したルールや、お客さま目線に立った時に価値を生まない業務は、やめたいと考えています。思い切った見直しで、昔に比べると仕事がしやすくなりました。

――「3つの改革」とは具体的にはなにを指しますか?
山本祥太氏(以下、山本) 「3つの改革」は、(1)働き方改革(2)教育改革(3)ダイバーシティ&インクルージョンから構成されます。「変化に対応する俊敏性」「働きがい」「生きがい」を生み、また創造性の発揮・イノベーションにより質を伴った成長を実現します。
また、当社における「働き方改革」は、生産性を高めて時間を創出することで、個人の充実・成長を促し、会社のさらなる生産性向上や質を伴った成長に繋がる、という好循環を作り出す取組みです。
当社では、一人ひとりの「強み」を構築する時間を創出するとともに、多様な人材が「強み」を発揮できる環境を作ることで創造性とイノベーションが生まれる会社を目指しています。

――オリンピックを迎えるなか、東京都が推進している時差Bizの取組みも重要ですね。
山本 2017年度に引き続き、2018年度も7月・8月をワークスタイルイノベーション推進月間として実施し、同時に時差Bizにも参加することで、働き方改革の取組みを推進しました。本社の食堂の一角に社内サテライトオフィス「SOMPOラウンジ」を設置しており、時差Biz期間は「SOMPOラウンジ」を7時からオープンし、数量限定ですが、早朝出社者への軽食の無料提供を行い、シフトワークによる時差通勤を推進しました。
朝シフトを実施している社員からは「満員電車を避けることができるので良い」「頭がすっきりしているので朝の方が集中して生産性の高い仕事ができる」という声もあがっています。

――ほかにはどのような働き方改革がありますか?
山本 テレワークや集中タイムの活用に向けて全国で社内サテライトオフィスの導入が進んでいます。集中して仕事を行う時間・環境の確保やスキマ時間の有効活用などに効果的に活用されています。
また、空いている会議室や食堂なども活用し、そこを一定時間、集中スペースとして設けることも行っています。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月24日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。