smadan

仮想通貨はもう終わったの? いえいえ「まだ始まってもいない」レベル

仮想通貨はもう終わったの? いえいえ「まだ始まってもいない」レベル
仮想通貨はもう終わったの? いえいえ「まだ始まってもいない」レベル
仮想通貨はもう終わったの? いえいえ「まだ始まってもいない」レベル
仮想通貨はもう終わったの? いえいえ「まだ始まってもいない」レベル

仮想通貨は、一般的には「まだ始まってもいない」レベル


2018年は仮想通貨界隈にとっては厳しい一年でした。ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格高騰で盛り上がった2017年末から一転、2018年は日本でもコインチェックやZaifといった仮想通貨取引所での盗難事件が相次ぎ、それにより仮想通貨自体の一般的なイメージも悪くなってしまいました。また最近ではGMO、DMMのマイニング事業からの撤退なども話題になりました。


一時的なバブルに過ぎなかったのか?答えはノー

ここで仮想通貨関連のIT会社でも働き、毎日仮想通貨の情報を集めるのが習慣でもある、僕の意見を述べさせていただきます。

仮想通貨は終わってしまったのか?答えはノーです! 仮想通貨、ブロックチェーンの産業活用はまだ始まってもいない、という段階です。2018年、ニュースで騒がれた仮想通貨のイメージとは裏腹に、仮想通貨そしてそれを支えるブロックチェーンの技術は着実に成長し続けていました。

2018年から仮想通貨投資に参入して、日々下がり続ける相場を見て嫌になって辞めてしまった人も多いかと思いますが、それは少し急ぎすぎです。やっと世の中が仮想通貨に馴染み始めてきたかな、というところでしょう。2018年末のダウンタウンの番組「絶対に笑ってはいけない24時」でも、ココリコ遠藤さんへのいじりで「ビットコインで数百万円損をした」と笑いになっていましたが、やっとこういう大衆向けの番組でも仮想通貨の話が出るようになったくらいです。


ブロックチェーンの「実用性」がポイント

「そんなことをいっても、このまま価値がなくなってしまうこともあり得る…!?」と不安な方もいるでしょう。そんな時は、仮想通貨を支える技術、ブロックチェーンの動向を調べることをお勧めします。仮想通貨の価値はそのブロックチェーン技術の実体経済への実用性、つまり「本当に多くの人にとって役に立っているかどうか」が大きく影響します。


「仮想通貨」から「暗号資産」へ

政府は仮想通貨を「暗号資産」と呼ぶことにした、と発表しました。これはただ名称が変わっただけではなく、よりその本質を表している表現に変えたということで政府の理解が進んだとも捉えられます(ちなみにこの記事では便宜的に「仮想通貨」と呼びます)。

規制だけでなく、理解の姿勢もあれだけ大きなニュースになったコインチェックに関しても、もうすぐ金融庁から登録事業者の許可を得ることになる、という記事もありました。事件からまだ一年も経っていませんが、これもまた仮想通貨関連企業の追い風となるような政府の姿勢でしょう。

日本政府としては仮想通貨への規制はマネーロンダリングの悪用を想定し依然厳しい態度を取りつつも、ブロックチェーンによる証券の運用、価格変動が少ないコインの開発なども進めており、業界をサポートする姿勢も見せています。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2019年1月12日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース