smadan

英語学習はもう不要になる?自動翻訳の時代に英語を勉強する意味

英語学習はもう不要になる?自動翻訳の時代に英語を勉強する意味
英語学習はもう不要になる?自動翻訳の時代に英語を勉強する意味
英語学習はもう不要になる?自動翻訳の時代に英語を勉強する意味
英語学習はもう不要になる?自動翻訳の時代に英語を勉強する意味

何百回聞いたか、「英語は必要!」

これからの時代、英語は必要!
もう何十回、何百回この台詞を聞いたでしょうか。

英語が必要、と叫ばれる背景には、明確に日本の英語教育の効果の低さが背景にあります。英語教育は6年はやっているので本来はできるようになるはずなのですが、本当に英語ができる日本人が大半なら「英語が必要!」なんて言う人はそもそもいないですよね。

小学校から高校まで英語をやり続けても、まともに英語を話せる学生がほとんど育たず、むしろ英語コンプレックスを持ったまま大人になる。そしてまたそんな大人が効果の薄いやり方で英語を次世代に教える……非常に残念なループが続いているのが今の日本の教育の現状です。

大学入試共通テストに「話す」スキルの英語試験

そんな流れを変えようと、国も動いています。2021年から、センター試験に代わり「大学入試共通テスト」が導入されることが決まっています。この内容では、今までのセンター試験の英語になかった、「話す」スキルの試験が追加されています。国としては、大学受験項目に「話す」を入れることで、高校、中学、小学校の教育アプローチが変わってくることを期待しているのでしょう。

ただ、これに対してもまた批判もあります。「この程度の変更では目に見える効果は出ない」というものもありますし、「そもそもそこまで英語にこだわる必要があるのか」というものもあります。

確かに幼児教育でも、英語教育熱はものすごいものがありますし、みんながやっているからやるなど「なんのために英語を身につけるのか」と、目的がボヤッとしたまま英語を頑張っている人も多いのではないでしょうか。

英語を学ぶ必要はない!?

メディアアーティスト・筑波大学助教・デジタルネイチャー研究室の落合陽一氏はインタビュー
「近い将来、言語処理の発展によって英語が全く使えなくても外国人とコミュニケーションが取れるようになる日が間違いなく来ます。ライティングはもう機械翻訳でまかなう事ができるようになってきています」
と語っています。
今でもGoogle翻訳を使えば、簡単な文章は自然に訳すことができるようになっていますよね。

また文章よりも難易度の高い、音声認識技術を活用した自動翻訳に関しても、国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)が公開している「Voicetra」という翻訳アプリがあったり、ソースネクスト株式会社からは「ポケトーク」という手軽に会話が翻訳できるデバイスが発売されたりと、かなり実用的な翻訳技術がすでに登場しています。今はまだ文章ごとに会話を区切って翻訳するスタイルが一般的ですが、会話を区切らずにそのまま瞬間的に翻訳する技術も研究されており、実用化するまでそう遠くないでしょう。

あわせて読みたい

  • Airbnbでお金を稼いでみた体験漫画

    Airbnbでお金を稼いでみた体験漫画

  • QRコード決済の使い方 漫画で解説

    QRコード決済の使い方 漫画で解説

  • 投資や起業をせず小金持ちになる

    投資や起業をせず小金持ちになる

  • インフルエンサーに惑わされない思考

    インフルエンサーに惑わされない思考

  • スマダンの記事をもっと見る 2019年1月26日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース