iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!

iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!

■PERFECT VALENTINE 2019
2019.02.11(SUN)at 神奈川・横浜アリーナ


今回で2回目となるニッポン放送主催のイベントライブ『PERFECT VALENTINE 2019』。横浜アリーナに詰めかけた1万人に甘くて胸キュン連続のひとときを贈った。

MCを務めるオリエンタルラジオがキリッとしたスーツ姿で登壇し、「男子から女子に“キュンキュン”を差し上げるバレンタイン」と宣言。藤森慎吾がキャラ全開で「君、きゃわうぃね~」と叫び、会場を盛り上げた。


iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!

iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!



超特急


トップバッターの命を授かったのは、超特急。大型ビジョンに「YOUR SMILE IS OUR FINAL STATION...」の文字が映し出されると、甲高い歓喜の声がわき上がった。OVERTUREに誘われてメインステージのセット上段に6人が立つシルエットが浮かぶと、ますます場内のボルテージは急上昇。リョウガが「この時間だけでも8号車(超特急ファンの呼称)になって楽しんで!」と呼びかけ、ハイテンションでノリの良い「超えてアバンチュール」へとなだれ込んだ。間奏でカイは「チョコたくさん欲しい」、タクヤは「僕にも一つ」、ユーキは「GIVE ME CHOCOLATE!」と叫ぶなど、女子たちに猛烈アピール。ユースケは「僕があげる」と逆バレンタインを約束すると、8号車から一層の黄色い声援が送られた。

ユーキが「両手を挙げて振っていただければ楽しめます」とレクチャーした後は、これもライブの定番人気曲「SAY NO」へ。途中で普段は「超特急」を連呼するパートで、「iKONさん」「RADIO FISHさん」に替えて叫ぶなど、共演者へのエールと愛を贈った。

キュートでポップな「My Buddy」の途中からアリーナを周回できる通路へとメンバーが歩みだすと、より距離が縮まった8号車たちは狂喜乱舞。あったかいムードに包まれたかと思いきや、センターステージではクールな「Fashion」で魅了。続く大人っぽいラブソング「need you」では、潜ませていたバラをカイが投げるパフォーマンスやシアトリカルなダンスで女子たちをときめかせた。


iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!

iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!


MCではいつもの飾らないトークで1万人とコミュニケーション。iKONファンが手にする赤いコンバットと呼ばれるペンライトを見て、イメージカラーが赤のユーキは「(赤が多くて)勝手に浮かれてます」と言い、笑いを誘う一幕も。タカシはメンバーに毎年チョコレートなどのスイーツを手作りするが、ユースケはチョコが食べれないため他のものを贈るというマメさを披露し、女子たちから感心するため息が漏れた。

前向きで心弾む「up to you」で、再び2組に分かれてアリーナを周回。8号車とプリントされたマシュマロを客席に投げ入れるという、サービス満点の演出にみんなが笑顔になった。

メインステージへと戻った6人は加速度のギアを上げた。「バッタマン!」では、気迫充分のユースケの絶叫が何度も横浜アリーナを凌駕。カオスの中、タカシとユースケがチューをするポーズに8号車が嬉しい悲鳴をあげた。

「最後の曲です。最後まで最高な1日にしましょう」とタクヤが呼びかけ、開放感あふれる「fanfare」へとなだれ込み、超特急のライブパートは多幸感の中で幕を閉じた。

再びMCのオリエンタルラジオが加わり、トークタイムへ。藤森が毎回「バッタマン」の絶叫と変顔をモニターで見て爆笑していると告げると、ユースケはちょっと照れ笑い。昨年も全く同じ3組でイベントを行い、他でも共演歴があるオリエンタルラジオと超特急はとても仲がいいのだ。トークがバレンタインに話が及ぶと、タカシが堂々と「メンバーがある意味、本命です」と告白。それにつられて、中田敦彦が「俺も藤森にあげようっと」とつぶやくと、藤森から全力で「大丈夫で~す」と断られていた。

メンバーの胸キュン力が測られる企画「超特キューン!キュン、チョコっとドラマ!!」へと移行。カイから順番に自分が引いた紙に書いてあるシチュエーションで、藤森扮する「藤森慎子」に胸キュンの言葉をアドリブで言うことに。

iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!

iKON、超特急、RADIO FISHによる逆バレンタインに1万人が胸キュン!


観覧車のてっぺんという王道の場面を引いたカイ。温泉に二人で入っているシーンというドキドキのシチュエーションを引いたタクヤ。ゾンビに襲われそうな彼女を助けるというSFな状況を引いてしまったユーキなど、個性豊かなコメントが続出。中田による独断で1位を決定。ゾンビから救った彼女に向けて「僕が襲うから」と返したユーキが勝者になった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク