smadan

ストレスの原因はスマホの「大量通知」 他者に振り回される人生になってない?

ストレスの原因はスマホの「大量通知」 他者に振り回される人生になってない?
ストレスの原因はスマホの「大量通知」 他者に振り回される人生になってない?
ストレスの原因はスマホの「大量通知」 他者に振り回される人生になってない?
ストレスの原因はスマホの「大量通知」 他者に振り回される人生になってない?

スマホの通知が止まらない!

突然ですが、スマホの通知って、多すぎませんか!?
僕が初めてスマホを持った10年前、通知というのはメールやメッセージくらいのものでしたが、今は一日に何十件受け取っているのかわかりません。

通知は、たかが画面にメッセージが表示され、ブルッと震え、音が鳴るくらいのものではあるのですが、この一見ささいなお知らせに、非常に疲弊しているな、と気づきました。
なぜこんな些細なことで疲れるのか? 実はこれ、人の「アテンション」力と関係しているのです。

アテンション・エコノミーの時代

アテンション・エコノミーという言葉があります。
アテンション・エコノミーとは、人々の「アテンション(=関心・注目)」が情報量に対して稀少になることで価値が生まれ、交換財となりえるという概念のことで社会学者のマイケル・ゴールドハーバーが1997年に提唱しました。

詳しいことは省きますが、ここで意識したいのは僕らのアテンション、つまり注意や集中力は有限、ということです。よく「時は金なり」、時間は財産と言う表現をされることがありますが、これはただ時間があれば幸せが手に入る、というわけではありません。ここで重要なのは、集中力を伴う時間を使ったか、ということです。

人はなにかに幸せを感じている時、そこには強い関心があります。例えば、僕らは美味しいものを食べて幸せを感じているときは「美味しい」という感覚に集中しています。

例えば、いくら美味しいものを食べてても、隣で土木工事の音がうるさかったらきちんと味を楽しめませんよね。
また、テレビ画面を2つ並べて、同時に違う2つの映画を見ると、一つ一つへの映画への没入感は減り、満足も得られない、というのは容易に想像できるでしょう。

幸せを得るにはただ時間があればいい、というわけではなく、強い関心、集中力、「アテンション」が必要なのです。

あわせて読みたい

  • 「小学生にスマホ」は本当に危険?

    「小学生にスマホ」は本当に危険?

  • 「移民大国」日本で生き残るには

    「移民大国」日本で生き残るには

  • オーディオブック 違いを漫画で解説

    オーディオブック 違いを漫画で解説

  • スマダンの記事をもっと見る 2019年2月24日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース