smadan

「俺も専業主夫になりてぇなあ」と舐めた発言をする人へのモヤモヤ

「俺も主夫になりてぇ~」


専業主夫をやっていると、よく他の男性から「いいなぁ、俺も専業主夫になりてぇなぁ」と言われます。

まあこういうことを言うような男性は大概本気でなるつもりはなく、むしろ「主夫は働かなくて生活できるヒモ」くらいにしか思っていないもので、言われた方としては、自分の職業が舐められているような気分になりちょっとモヤモヤします……

しかし、こういう男性にこそ、僕は「主夫になりたいなら、なればいい」と言っています。なぜなら、働かない男を否定する気持ちが自分の中にあると、いざ自分が働けない存在になった場合、生きる意味を失うくらい落ち込んでしまうからです。そう、かつての僕がそうであったように。

僕は今でこそ主夫の社会的意義や価値を理解することができ、誇り高い職業という認識が持てましたが、昔はそこら辺にいる「主夫になりてぇ~(本当は絶対になりたくねぇ~)」と言っている男の一人でした。
「俺も専業主夫になりてぇなあ」と舐めた発言をする人へのモヤモヤ


「仕事をしてない」だけで自殺まで考えた


そんな僕が、体調を崩し会社をやめざるを得なくなり、主夫以外の選択肢がない状況になった時、本気で自殺を考えました。もう少し詳しく言うと、死ぬことすら面倒で、死にたいというよりも「消えてしまいたい」という思いでいっぱいでした。
仕事ができない自分は、なんのために生きているの?
と生きている意味を全く感じられず、毎日が死ぬほど辛かったです。

最後の会社を辞めた時、ちょうど妻が育休で休みだったということもあり、僕は仕事もせず、かといって家事や育児に手もつけられず、1カ月くらい寝込んでいました。動ける時は近所の河原でぼーっと川を眺めていたり、あとはパチンコ・パチスロに入り浸っていました。これだけ聞くと、最低の夫・父親ですね……しかし当時は自分自身の現実逃避で精一杯で、家族や周りのことを考える余裕なんてありませんでした。

今振り返ると不思議なものです。生活ができないわけじゃない、衣食住に困っているわけでもない、ましてや仕事や人間関係で毎日ストレスを与えられ続けているわけでもない、それでも「仕事をしていない」というだけでこんなにもうつ状態になったのです。
「俺も専業主夫になりてぇなあ」と舐めた発言をする人へのモヤモヤ


自己実現を仕事に全振りした結果


こうなった原因を自分なりに考えてみましたが、それは「なりたい自分」と「現実の自分」のギャップなのではないか、と思っています。

自分の中に「働く男はカッコいい、カッコいい男になりたい」という自己実現の欲求があり、今までは働くことで自分の「なりたい自分」の欲求を満たせていたのですが、僕の場合、自分の自己実現の欲求を「働く」ということに全振りしていたので、失った時のショックも大きく、仕事を取ったら自分にはもうなにも残っていない、と思ってしまったのです。

一歩引いて考えれば、労働なんてのは生きていくためにする行為の一部に過ぎず、その他に大切なものはたくさんあるのですが、それに気づくまでにかなりの時間を必要としました。
「俺も専業主夫になりてぇなあ」と舐めた発言をする人へのモヤモヤ


あわせて読みたい

  • 専業主夫への両親の目線

    専業主夫への両親の目線

  • 専業主夫に「誰が養ってる」と妻

    専業主夫に「誰が養ってる」と妻

  • 「私は競争ができません」空想地図作家・地理人の働き方

    「私は競争ができません」空想地図作家・地理人の働き方

  • 「若手人材が採用できない」35~55歳が積極採用される理由

    「若手人材が採用できない」35~55歳が積極採用される理由

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年11月24日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース