review

北川景子「家売るオンナの逆襲」史上最も感情的なサンチー「浮気をやめていただけないでしょうか」8話

北川景子「家売るオンナの逆襲」史上最も感情的なサンチー「浮気をやめていただけないでしょうか」8話
イラスト/まつもとりえこ
2月27日に『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)の第8話が放送された。

今回のテーマは、ずばり「卒業」。……と言っても、そこにはいくつかのストーリーが絡み合っている。色々と盛りだくさんだったのだ。

犠牲を強いてくる毒親からの“卒業”


「毒親」と一言で表すのは気が引けるが、ひずみが生じた親子関係に第8話はメスを入れている。

今回、庭野聖司(工藤阿須加)が担当したのは、亡夫が残した家を売ってケーキ屋を始めたいと夢見ている棟方幸子(南野陽子)とすみれ(大後寿々花)の母娘。でも、娘のすみれはどうやら家売却に反対のようだ。
「ひどいじゃない! ママの夢はどうなんの?」(幸子)

同じタイミングで、庭野の父・茂雄(泉谷しげる)もテーコー不動産にやって来た。目的は、妻が残してくれた家を売ること。そのお金で彼はたこ焼き屋を始めたいと言うのだ。庭野はすみれと同じ反応をする。実家の売却には断固反対!
「実家は母から相続したもので半分は自分名義なんです。自分は絶対、母が残してくれた家は売りませんから!」(庭野)

後日、三軒家万智(北川景子)は家売却後の新居として提案する物件に棟方母娘を案内した。しかし、そこは母娘が住むには少々狭い部屋。違うのだ。三軒家は幸子1人が住む新居として、この部屋を提案するつもりである。
「すみれ様、たった一度の人生ですよ。お母様のぎせ……」(三軒家)
異変発生! 突如、三軒家は声が出なくなってしまった。代わりにこの家を庭野がプレゼンすることに。

あわせて読みたい

  • 「家売るオンナ」大胆ホームとエロス論

    「家売るオンナ」大胆ホームとエロス論

  • 家売るオンナの逆襲 化粧した顔も本物

    家売るオンナの逆襲 化粧した顔も本物

  • 「家売るオンナ」北川景子の働き方改革

    「家売るオンナ」北川景子の働き方改革

  • 「家売るオンナの逆襲」LGBT描写に賛否

    「家売るオンナの逆襲」LGBT描写に賛否

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年3月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュース

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら