review

スパイク・リー激怒「ブラック・クランズマン」ノリと勢いでKKKに潜入!劇薬捜査エンタ−テインメント

今年のアカデミー賞で『グリーンブック』と作品賞を争った『ブラック・クランズマン』。潜入捜査を題材にしたちょっと変わった刑事もの……かと思いきや、これが人種差別に対する激怒に裏打ちされた強い映画だったのである。
スパイク・リー激怒「ブラック・クランズマン」ノリと勢いでKKKに潜入!劇薬捜査エンタ−テインメント

コロラドスプリングス初の黒人刑事、ノリと勢いでKKKに潜入!


ロン・ストールンワースは黒人警官である。時は1970年代半ば、コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、ロンは同署初の黒人警官として赴任したのだ。言いつけられた仕事は資料室の整理。白人警官の罵詈雑言にも耐えつつ、ロンは黙々と仕事をこなす。

ある日、ロンに資料整理以外の仕事が回ってくる。言いつけられたのは、勢いを増していたブラックパンサー党の幹部クワメ・トゥーレによる演説会の内偵調査。黒人の権利運動を繰り広げるブラックパンサーへ潜入するのに、同じ黒人であるロンはうってつけだったのだ。黒人の権利を熱く主張するトゥーレを見つつロンはそつなく任務をこなし、さらに女性幹部パトリスとも知り合いになる。

潜入捜査官としての素質を見出されたロンは、すぐに情報部に配属されることになる。デスクで新聞に目を通していたロンは、白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)の新メンバー募集の告知を見つける。勢いで告知にあった電話番号に連絡を取ったロンはとっさに黒人に対する差別発言を繰り返し、その場で信用を取り付ける。

実際にKKKへと接触することになったロン。しかし当然ながら、黒人であるロンが直接会うわけにはいかない。そこで白羽の矢が立ったのが、同じ情報部に所属していたユダヤ系の刑事であるフリップ・ジマーマンだった。電話口で相手をするのはロン、直接の会合にはフリップが出向くという形でKKKへの潜入捜査を始めた2人。KKKは白人至上主義、わけても北欧系人種至上の集団なので、ユダヤ人だとバレたらフリップとて危ない。KKKのメンバーであるフェリックスからは微妙に怪しまれつつも、2人は着実に内偵を進めていくが……。

あわせて読みたい

  • 「マイ・サンシャイン」と万引き家族

    「マイ・サンシャイン」と万引き家族

  • 「イコライザー2」の告白デンゼルは神

    「イコライザー2」の告白デンゼルは神

  • 「ブラックパンサー」若きカリスマ伝説

    「ブラックパンサー」若きカリスマ伝説

  • 「彼女の親に初めて会う」恐怖映画

    「彼女の親に初めて会う」恐怖映画

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年3月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

    次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース