前年度、全日本吹奏楽コンクールに出場を果たしたものの銅賞に終わった北宇治高校吹楽部は、「全国大会金賞」を目標に再始動。2年生に進級した黄前久美子は、4月に入学した1年生の指導係となった。
久美子と同じユーフォニアムを担当する1年生の久石奏は、演奏技術が高い上に人当たりも良く、一見、優等生なのだが……。

武田綾乃の小説を原作に、高校生たちの繊細かつ複雑な人間ドラマを描いてきたアニメ『響け!ユーフォニアム』シリーズ。2015年に放送されたテレビシリーズ第1期と2016年放送の第2期に加えて、2本の劇場版も制作。昨年4月には、スピンオフの劇場版『リズと青い鳥』も公開された

そして、ファン待望の最新作『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』本日4月19日(金)から公開。本作では、小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』(以下、第二楽章)を原作に、2年生となった久美子を中心とした物語が描かれている。

エキレビ!では、TVシリーズと劇場版(劇場版第2作では総監督)に続き、本作でも監督を勤めた京都アニメーションの石原立也にインタビュー。前編では、物語の内容にも触れながら、久美子や、幼なじみの塚本秀一について語ってもらった

本作を未見でネタバレが苦手な人は、劇場で鑑賞後に読んで欲しい。
本日公開「劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」石原監督「学校でどう居場所を見つけるか」
シリーズ4本目の劇場版となる『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』。石原立也監督は全編の絵コンテも自ら手がけている。スピンオフ作品『リズと青い鳥』の山田尚子監督もチーフ演出と原画で参加

学校の中で、どのように自分の居場所を見つけていくのかが青春


──本作『誓いのフィナーレ』と、山田尚子監督の『リズと青い鳥』は、同じ小説『第二楽章』が原作となっています。1冊の原作小説から2本の映画を作るアイデアは、早い段階から固まっていたのでしょうか?

この記事の画像

「本日公開「劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」石原監督「学校でどう居場所を見つけるか」」の画像1 「本日公開「劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」石原監督「学校でどう居場所を見つけるか」」の画像2 「本日公開「劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」石原監督「学校でどう居場所を見つけるか」」の画像3 「本日公開「劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」石原監督「学校でどう居場所を見つけるか」」の画像4