5月19日に放送された「ちびまる子ちゃん」で、エンディング曲として西城秀樹(以下、ヒデキ)の「走れ正直者!」が突然流れた。
「ちびまる子ちゃん」で突然「走れ正直者!」が流れた日。西城秀樹がさくらももこのオファーを受けた理由
BMGビクター

同曲は1991年から92年まで使用されたエンディング曲。16日がヒデキの一周忌であり、制作側の粋な計らいがファンを喜ばせた。また、17日はヒデキの大ファンという設定のまる子の姉・さきこを演じていた水谷優子の命日でもあった。

現在は昨年8月に亡くなった原作者・さくらももこの人気原作をリメイクした「10週連続さくらももこ原作祭り」を行っており、そのさなかのサプライズだった。

ヒデキの大ファンだったまる子のお姉ちゃん


あらためて「ちびまる子ちゃん」とヒデキのかかわりを振り返ってみよう。

さくらももこが小学生の頃、ヒデキのファンだったというのは有名な話。さくらは1965年生まれで、まる子も同じ年生まれという設定。ヒデキは1972年にデビューし、翌73年には「情熱の嵐」がヒットしている。

「ちびまる子ちゃん」の舞台は、まる子が9歳になった1974年。この年のヒデキは「傷だらけのローラ」をリリースし、ドラマ「寺内貫太郎一家」にも出演、お茶の間の人気者としての地位を不動にしていた。小学生の女の子が夢中になってもおかしくない。

作中では、姉・さきこがヒデキの熱烈なファンだった。もともとは、にしきのあきらのファンだったがあっさり転向。「どうしてもヒデキのスペシャル番組が見たい」と野球を見ている父・ヒロシに土下座するほどに。

この記事の画像

「「ちびまる子ちゃん」で突然「走れ正直者!」が流れた日。西城秀樹がさくらももこのオファーを受けた理由」の画像1 「「ちびまる子ちゃん」で突然「走れ正直者!」が流れた日。西城秀樹がさくらももこのオファーを受けた理由」の画像2