review

細かすぎて伝わらないアニメ撮影の裏側。「なつぞら」と合わせて読みたい、星里もちる『セルと羽根ぼうき』

朝ドラ「なつぞら」アニメーション編突入記念として、アニメの制作現場を描いたコミックを紹介している。

今回紹介するのは、「りびんぐゲーム」で知られる星里もちるの「セルと羽根ぼうき」(小学館)。Kindleにて1話129円で販売している。5月31日、4話が発売された。サクッと買えて、サクッと読めるのがいい。
細かすぎて伝わらないアニメ撮影の裏側。「なつぞら」と合わせて読みたい、星里もちる『セルと羽根ぼうき』

「セルと羽根ぼうき」が描いているのは、あまり実態が知られていないアニメの制作現場の中でも、さらに脚光が当たらない「撮影」の仕事について。現在のアニメの制作工程はほとんどデジタル化されているが、かつてはセル画を一枚ずつ描き、一コマずつ撮影していた。そんな時代のアニメのお話だ。

星里もちる自身も1981年頃、アニメの撮影助手を務めていた。キャッチフレーズは「細かすぎて伝わらないアニメ撮影(助手)物語」。

アニメの「撮影」というお仕事


舞台は1981年、練馬区石神井町にあるアニメ制作会社、スタジオアイアンにアニメファンの若者、藤木さとるが面接にやってくるところからお話が始まる。

練馬区は「アニメのまち宣言」を標榜するほどアニメ制作会社が多く、現在もアニメ関連事業者数は100社を超える。「なつぞら」に登場する東洋動画のモデル、東映動画(現・東映アニメーション)のスタジオがあるのも練馬区だ。石神井町の付近にも大小さまざまなアニメ制作の関連会社が密集しているが、これはアニメ制作の工程は分業のため、近くに集まったほうが効率的だったからである。

あわせて読みたい

  • 「たまゆら」アニメーター個人画集発売

    「たまゆら」アニメーター個人画集発売

  • 死んだその日がピークだった。荒木伸吾回顧展『瞳と魂』2

    死んだその日がピークだった。荒木伸吾回顧展『瞳と魂』2

  • 「あしたのジョー」「バビル2世」「聖闘士星矢」の伝説アニメーター、荒木伸吾回顧展『瞳と魂』1

    「あしたのジョー」「バビル2世」「聖闘士星矢」の伝説アニメーター、荒木伸吾回顧展『瞳と魂』1

  • 「見てない背中は追えないよ」働かない親父とがんばり屋少女『ちゃんと描いてますからっ!』

    「見てない背中は追えないよ」働かない親父とがんばり屋少女『ちゃんと描いてますからっ!』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース