review

「なつぞら」で忠実に再現。なつよ、これが東映動画のアニメーター採用試験だ

「なつぞら」で忠実に再現。なつよ、これが東映動画のアニメーター採用試験だ
アニメーション研究家・津堅信之による評伝『ディズニーを目指した男 大川博』(日本評論社)。カバーの肖像写真からうかがえるように、ちょび髭で恰幅のいい体格の大川博は、いかにも“昭和の社長”という雰囲気が漂う
NHKの連続テレビ小説「なつぞら」の先週の放送(第11週「なつよ、アニメーターは君だ」)では、広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつがついに念願のアニメーターになった。
※「なつぞら」各話レビューはこちらから

なつは高校卒業後の1956年、北海道から上京し、東洋動画のアニメーター採用のための入社試験を受けて失敗するも、その年の秋、仕上げ課の社員として同社に入る。以来、セル画を塗るなど仕上げ課の仕事のかたわら独学を続け、アニメーターになるための試験を受けること2回、最初の入社試験から数えれば3度目の挑戦で合格したのだ。

ドラマの東洋動画より数年ズレる東映動画の誕生


「なつぞら」に出てくる東洋動画のモデルは、東映動画(現・東映アニメーション)である。劇中、東洋動画はなつが高校生だった1955年にはすでに設立されていたが、現実の東映動画はその翌年の1956年7月、東映が日動映画というアニメーション制作会社を買収する形で設立された。翌57年、東映の東京撮影所内にアニメ制作のためのスタジオが完成。設立3年目の1958年11月には、東映動画の長編アニメーション映画第1作『白蛇伝』が公開される。「なつぞら」に出てきた『白蛇姫』はこの映画を下敷きにしているが、公開は1年早い1957年に設定されていた。

「なつぞら」では、高校時代のなつがディズニー映画『ファンタジア』(1955年に日本公開)を観に行った映画館で、東洋映画の大杉満社長(角野卓造)が完成まもない動画スタジオを紹介するPR映画を偶然目にする場面があった。この元ネタは当時の東映社長・大川博が出演した『白蛇伝』予告編である。5分にわたるこの予告編では、スタジオでのスタッフたちの作業風景も、アニメーション制作の手順を説明するように詳しく紹介されていた。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」佐藤好春と「あさが来た」

    「なつぞら」佐藤好春と「あさが来た」

  • 細かすぎて伝わらないアニメ撮影の裏側

    細かすぎて伝わらないアニメ撮影の裏側

  • 「なつぞら」とあわせて読みたいマンガ

    「なつぞら」とあわせて読みたいマンガ

  • 高畑勲「じゃりン子チエ」無料公開中

    高畑勲「じゃりン子チエ」無料公開中

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月16日のレビュー記事
    「「なつぞら」で忠実に再現。なつよ、これが東映動画のアニメーター採用試験だ」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      臨時採用も養成期間の動画審査も実際にあったことだったんですね。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース