review

最新作公開中「男はつらいよ」ファン必読「東京人」特集「寅さんと東京」生涯独身、超ソロ社会の先端を行く

「困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ。
おじさん、どっからでも飛んできてやるから」

渥美清主演、山田洋次監督による国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第1作が公開されてから50年、記念すべき50作目にあたる映画h「男はつらいよ お帰り寅さん」が2019年12月27日に公開された。

シリーズは主人公・車寅次郎を演じる渥美清の逝去によって1995年に途絶えていたが、今回はシリーズ49作を4Kデジタル修復した映像と新たに撮影された映像を組み合わせた新作となる。実質、主人公は寅さんの甥・満男(吉岡秀隆)だが、公式サイトのキャストのところにはちゃんと渥美清が最初に登場している。

今年は寅さんの少年時代を描いたドラマ「少年寅次郎」が放送されるなど、さながら「寅さんイヤー」だった。ちなみに年明け早々から山田洋次原作脚本によるドラマ「贋作男はつらいよ」が放送される。

当然、さまざまなサブテキストが出版されているのだが、なかでも「東京人」1月号「特集 寅さんと東京」が面白かったので紹介したい。
最新作公開中「男はつらいよ」ファン必読「東京人」特集「寅さんと東京」生涯独身、超ソロ社会の先端を行く

寅さんの「東京ロケ地案内」


巻頭記事は山田洋次と画家・藪野健による対談「不寛容な時代はこの厄介な男をどう迎えるか?」。金も社会的地位もないアウトローで、喜怒哀楽が激しく、場の空気も読まず、時には暴力沙汰も起こし、おまけに恋愛ばっかりしている寅次郎という男が、とても今の時代に受け入れられるとは思えない(SNSなどを見ていると特にそう思う)。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最新作公開中「男はつらいよ」ファン必読「東京人」特集「寅さんと東京」生涯独身、超ソロ社会の先端を行く」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    東京人表紙のイラスト、寅さんに似てない。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。