review

80年末からオウム・酒鬼薔薇の世紀末まで 日本のダークな犯罪史を俯瞰する不動産ホラー『呪怨』最新作

80年末からオウム・酒鬼薔薇の世紀末まで 日本のダークな犯罪史を俯瞰する不動産ホラー『呪怨』最新作

変えることのできない過去の怖さを描く『呪怨』シリーズ


過去と未来だったら、過去の方が怖い。少なくとも未来には何があるかわからないから、具体的なことについて怖がることができない。それに、未来のことであればこれからの行動で変えていくことができる。まだ自分たちの力で、変更することができるかもしれない。

しかし、過去に起こってしまったことはどうにもならない。今からタイムスリップして変更することはできないし、人間の力ではどうにもならない。ましてや、自分が関係していない具体的な昔の因果が自分の方に向かってきたら、打つ手がない。人間の力が及ばず、変更することができない。にも関わらず過去は常に我々のそばにあり、度々現在の生活に影響を及ぼす。それが過去の怖さである。

80年末からオウム・酒鬼薔薇の世紀末まで 日本のダークな犯罪史を俯瞰する不動産ホラー『呪怨』最新作

『呪怨』シリーズは、この過去の怖さをうまく利用して作品世界を広げてきた。舞台となるのは呪いの家。平凡な一軒家ながら、住んだ者や関わった者に災いが降りかかる。「前に住んでいた人間がどんな人かわからない」「以前家の中で何があったかわからない」「ひょっとしたら事故物件かもしれない」という、貸家に住んだことがある人なら一度は感じたことのある手触りをテコに、過去から連なる因縁が現在に襲いかかる様を描いてきたシリーズである。因果が積み重なりがちな不動産というものは、根本的におっかないものなのだ。

「日本近過去犯罪史」を俯瞰する、不動産ホラー最新作


80年末からオウム・酒鬼薔薇の世紀末まで 日本のダークな犯罪史を俯瞰する不動産ホラー『呪怨』最新作

その最新作が、7月3日からNetflixで配信開始となった『呪怨:呪いの家』だ。物語の始まりは1988年。心霊研究家の小田島(荒川良々)の元に、1本のカセットテープが届く。送り主はタレントの本庄はるか(黒島結菜)。夏木ゆたかが司会を務めるオカルト番組で小田島と共演した本庄は、自分の家の中で聞こえる不気味な音声を録音し、小田島に解析を求める。

一方、とある高校に転校して来た高校生の聖美(里々佳)は、うまく同級生たちと馴染めないでいた。そんな中で、初めて同じクラスの女子たちから「近所にある"猫屋敷"と呼ばれる空き家に肝試しに行こう」と誘われる。これでうまく馴染めるならと猫屋敷に向かう聖美。しかし、彼女を予想外の事態が襲う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。