review

Netflix『ストリート・グルメを求めて: アジア』感情移入不可避な屋台料理人たちのド根性半生

       
Netflix『ストリート・グルメを求めて: アジア』感情移入不可避な屋台料理人たちのド根性半生

Netflixが昨年4月より配信している『ストリート・グルメを求めて: アジア』は、アジアのストリートフード(屋台料理など)と、それを作る料理人を紹介する番組だ。彼ら彼女らが料理に人生を捧げた理由は、各々が育ってきた環境と各国の文化に深く関係している。また、「ストリート・グルメ」と称しているだけあって高級料理は登場しない。

【レビュー】Netflix『タコスのすべて』は単なる飯テロではない。一生分以上のタコスでメキシコの文化を知る

第1シーズンの舞台となるのは9カ国で、「タイ バンコク」「日本 大阪」「インド デリー」「インドネシア ジョグジャカルタ」「台湾 嘉義市」「韓国 ソウル」「ベトナム ホーチミン市」「シンガポール」「フィリピン セブ」の全9話だ。

みんな、やむなく屋台の料理人になっている


各都市につき1人の料理人を主人公とし、フォーカスする構成。他のグルメ番組と異なるのは、料理よりも人間にスポットを当てているところだ。各料理人に共通しているのは、他に進むべき選択肢はなく、やむなく屋台の道を選んでいる点である。

●第1話:タイ バンコク
見るからに活気のあるバンコク。同国で活動するフードジャーナリストは、現地の屋台の雰囲気について「いつもパーティみたい」と評したが、言い得て妙だ。その活気から、この地を“ストリートフードの本場”と呼んでも過言ではない。

1話の主役は、鉄鍋でどんなものでも作り出すジェイ・ファイさん。炭火の熱さに負けまいと掛けたゴーグルがトレードマークの、73歳のおばあちゃんである。彼女が料理の世界へ身を投じた理由は家庭環境だった。貧困街で育ったジェイさんは裁縫師として生計を立てていたが、20代のときに火事で全てを失う。

その後、麺料理を売る母の手伝いを始めるも、母の手際の悪さを見て自らも調理を行うように。すると、すぐに客に腕を認められ、いつしか自分で店を構えていた。高級な海産物を使うなど、メニューに一工夫加えることで町一番の屋台料理人となった彼女。2018年には日本のオムライスを参考にしたカニ入りオムレツでミシュランの一つ星を獲得する。

「常に最高を目指す。単なる屋台の料理人じゃない。シェフよ」(ジェイ・ファイ)

バンコクの文化に根ざし、成し遂げられたジェイさんの栄光は、まさにストリート・ドリームスだ。

●第2話:日本 大阪
日本人として誇らしい。2話に登場する大阪・京橋の立ち飲み居酒屋のご主人・TOYOさんの個性は全話でずば抜けているのだ。とても明るく、笑顔が眩しい彼だが、幼少期は酒に溺れた父親から暴力を受け、中学を卒業したら進学は許されなかった。大阪に働きに出て、生き延びるために料理の道へ身を投じた。

Netflix『ストリート・グルメを求めて: アジア』感情移入不可避な屋台料理人たちのド根性半生

それにしても、屋台で出しているまぐろホホの炙りが凄まじい。お客さんを待たせないため、網に乗せたまぐろにガスバーナーで火を放射するのだが、冷水で冷やした素手を火の海にぶっ込んでTOYOさんは調理するのだ。この姿だけで彼が歩んできた半生が生半可じゃないと窺える。しかも、そのガスバーナーで煙草に火を点けたりしてるし。全話中、2話だけ異質な感じがするのは我々が日本人だからか? いや、TOYOさんのキャラクターはやっぱり桁外れだったと思う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。