review

Netflix『タコスのすべて』は単なる飯テロではない。一生分以上のタコスでメキシコの文化を知る

Netflix『タコスのすべて』は単なる飯テロではない。一生分以上のタコスでメキシコの文化を知る

Netflixが昨年より配信している『タコスのすべて』を観てみた。タイトルを見た時点でストライクな気がして食指が伸びたのだ。

タコスをラーメンと同列に考えると腑に落ちる


全6話のミニシリーズで、各エピソードには以下のタイトルが付けられている。

1. パストール
2. カルニータス
3. カナスタ
4. アサーダ
5. バルバコア
6. ギサード

何の用語なのか??と、まるで聞き馴染みのない言葉が並ぶが、これ、全てタコスの名前なのだ。こんなに種類があるの!? つまり、我々が今まで食べたことのあるタコス(筆者を含め多くの人がイメージするのは筒状にした肉を削いで食べるパストール)はタコスのほんの一部でしかなく、タコスの世界は想像以上に広くて深い。

まあ、よく考えれば意外でも何でもない。メキシコでタコスは、日本で言うところのおにぎりのような国民食である。梅干しや鮭、ツナなど日本人だって好き勝手に具材を変えているのだから、タコスだって種類が多岐にわたるのは道理。

いや、もしかしたらラーメンと同列に考えたほうがわかりやすいかもしれない。地域によって作り方が変わるラーメンと同様に、タコスも地域によって作り方や味付け、食材が変わってくる。肉や豆、野菜や魚介など具材は様々で、焼いたり蒸したり調理法も千差万別。

元も子もない話だが、トルティーヤで包んでしまえばそれら全てをタコスと呼んで差し支えない気がする。ちなみに筆者のオススメは、しっかり焼いた牛肉を細かく刻んでいただく、ソノラ州で生まれたアサーダだ。

作る側、食べる側、食べられる側の立場からタコスを考察


ジャンルとしてはドキュメンタリーに分類される作品だ。凝った構成ではない。変にタコスをドラマティックに扱わない。ほぼほぼ、メキシコ人がタコスへの愛着を語る映像が淡々と、そして延々と続くだけ。“食べる側”の人たちも語るが、主に登場するのは“作る側”の人たちだ。作る人にフォーカスするのだから、タコスが作られる過程がたっぷり映し出される。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。