review

『ネメシス』離れていても“通じた”アンナ、そしてチームネメシス。仲間に囲まれて目を潤ませる風真に涙


※本文にはネタバレがあります

『ネメシス』第9話 女神たちの決戦

櫻井翔演じるポンコツ探偵・風真尚希と、広瀬すず演じる天才過ぎる助手・美神アンナがバディを組み、超難解事件を解決していくドラマ『ネメシス』(日本テレビ系 / 日曜よる10時30分〜)。最終章に入り、これまでのコミカルなストーリーから一転。第9話ではチームネメシスが集結。アンナ救出へと動いた。「風真、ちょっと入ります」アンナのように身体を動かした風真だったが……。

【前話レビュー】『ネメシス』まさかアンナ(広瀬すず)が! まさか朋美(橋本環奈)が! 衝撃の事実が明らかになった第8話

「これ全部あたしが生まれたからじゃん…」
第7話8話を通してゲノム編集ベイビーであることを知ってしまったアンナ。やり場のない怒りをぶつけるようにして、アンナの父・美神始(仲村トオル)からもらったキューブ型のネックレスを引きちぎり、床に投げつけて探偵事務所を飛び出した。

アンナは出生の秘密に加えて、さらに驚く事実を四葉朋美(橋本環奈)から突きつけられてしまう。出会って1カ月ほどだが、まるで親友のように接してきた朋美だったが、実はカンケンを立ち上げた菅容子(今村美乃)の娘、菅朋美だった。

正体を表した朋美は、志葉(板橋駿谷)と共にアンナを拉致。そこには長らく監禁されていた始の姿も。インドでの生活ではタンドリーチキンを焦がして……と、穏やかに暮らすごく普通の親子。始が日本に戻るなり行方不明になり、まさかこんな形で再会を果たすとは……。

朋美らがアンナを拉致した理由の一つは、キューブ型のネックレスに入ったデータだった。アンナが投げ捨てたネックレスは、風真が拾いスーツのポケットに入れていた。アンナを心配するように装った朋美からの電話で、風真は自分が保管しているとこぼしてしまう。案の定、志葉に襲われネックレスは奪われてしまった。

「アンナ、大丈夫か? アンナ」
監禁部屋に唯一ある小窓からアンナに話しかける始。「悪かった。あのままお父さんがずっとインドにいれば……。いや、もっと早く本当のことを話すべきだった……」。小窓にアンナの姿をみつけるなり思いを伝えた始。しかし始を見ずに、膝を抱えて下をむいたままのアンナ。

朋美と大和に脅されようが、半年も口を閉じてきた始。しかしアンナを目の前にして、注射器を持った大和が揺さぶりをかける。「立花先生、私たちはGE.10.6の研究データと成長したこの子の肉体があればそれでいい。極端な話、細胞さえ生きていれば、彼女の意識がどうなっても構わない」。

この記事の画像

「『ネメシス』離れていても“通じた”アンナ、そしてチームネメシス。仲間に囲まれて目を潤ませる風真に涙」の画像1 「『ネメシス』離れていても“通じた”アンナ、そしてチームネメシス。仲間に囲まれて目を潤ませる風真に涙」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

ネメシス

ネメシス

入江悠監督が仕掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。櫻井翔演じるポンコツ探偵と広瀬すず演じる天才すぎる助手が超難解な事件を次々解決。日テレ系にて、2021年4月11日〜6月13日放送。

お買いものリンク