台風19号で浸水被害にあったお仏壇をお焚き上げ。地元仏壇・仏具店のボランティア活動

台風19号で浸水被害にあったお仏壇をお焚き上げ。地元仏壇・仏具店のボランティア活動

2019年10月12日に日本に上陸し、関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、各地で甚大な被害をもたらした台風19号。自宅が浸水被害に遭った方も多数に上りました。そのような被害にあった方が、親せきの家に身を寄せたり、新たにアパートや仮設住宅などに移り住む際に、問題となるのがお仏壇です。家具と同じように捨ててしまうことにも抵抗があり、どうしていいか分からないという方も多いようです。このような状況を見て、福島県相馬市に本社を構える株式会社鉾建仏光堂では、浸水被害にあった住居の仏壇を無料で引き取るボランティア活動を行っています。同社代表取締役、鉾建祐治さんにお話を伺いました。


お焚き上げをして差し上げるのが地域貢献につながる

台風19号によって浸水したお仏壇の引き取りボランティアを行っている株式会社鉾建仏光堂は、1932年に宮城県丸森町で「鉾建仏具店」として創業しました。現在、宮城県、福島県内にお仏壇・墓石を販売するほこだて仏光堂を7店舗、葬祭会館を5ヵ所、運営していますが、同社の店舗もある丸森町や福島県相馬市は、今回の台風でも特に被害の大きかった地域のひとつです。そこで、日ごろ支えてもらっている地域に貢献したいという思いから、ボランティア活動が始まりました。

きっかけはお客様からの1本の電話でした。台風が過ぎ、復旧のための作業が始まってすぐの10月15日、「泥を被ってしまった仏壇をどうしたら良いか教えて欲しい」という電話が入りました。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。