L⇔R・黒沢健一さんの急逝に亀田誠治ら同世代ミュージシャンから追悼コメント、才能を惜しむ声が続々

L⇔R・黒沢健一さんの急逝に亀田誠治ら同世代ミュージシャンから追悼コメント、才能を惜しむ声が続々

7日、L⇔Rの黒沢健一さんが脳腫瘍のため5日に逝去していたことが黒沢の公式サイトで発表された。48歳だった。



黒沢さんは10月に脳腫瘍で療養中であることを公表していた。通夜および葬儀は近親者で執り行われ、後日ファンに向けたお別れの会が開催される予定になっている。



黒沢さんが在籍していたグループ・L⇔Rは1990年に結成した4人組バンド(嶺川貴子は1994年に脱退)。1995年5月に発表したシングル「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」がオリコン1位を獲得したほか、「HELLO,IT’S ME」「BYE」などのヒット曲を持ち、1996年には武道館公演も開催している。



1997年の活動休止後はメンバーはソロ活動をしており、デビュー25周年を迎える今年は「L⇔R25周年プロジェクト」が始動し、来年には武道館ライブの初DVD化やオリジナルアルバム8作のリマスター盤発売が予定されている矢先の出来事だった。



黒沢さんの公式サイトにはL⇔Rのメンバーからのコメントが記されている。またTwitterでも黒沢さんの逝去を惜しむ声は、ファンのみならず多数のミュージシャンから寄せられている。



・黒沢秀樹
「【大切なご報告】L⇔Rのリードヴォーカル、僕の実兄である黒沢健一は5日の深夜、夜明けを待たずに旅立ちました。L⇔R、そして兄の音楽を愛してくれたみなさん、本当にありがとうございました。」



佐藤竹善(Sing Like Talking)
「黒沢くん、才能満載な人だったなぁ… 哀悼」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

亀田誠治のプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「亀田誠治」に関する記事

「亀田誠治」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「亀田誠治」の記事

次に読みたい「亀田誠治」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク