ウェルダンサボタージュ、全6曲のラブソングを収録した初の全国流通盤『ambivalence』リリース決定

ウェルダンサボタージュ、全6曲のラブソングを収録した初の全国...の画像はこちら >>



東京・下北沢を中心に活動する3ピースロックバンド・WELL DONE SABOTAGE(ウェルダンサボタージュ)が、初の全国流通盤音源『ambivalence』を2022年7月6日にリリースする。



WELL DONE SABOTAGEは、静岡県富士市にて同級生により結成。オリジナルメンバーは、五味礼一郎(Vo, Gt)、飯塚啓介(b)、2017年には、のざきち(ds)が加入し、渋谷・下北沢を中心にライブ活動を行なっている3ピースロックバンドだ。



2020年以降は、コロナ禍でもライブ活動を止めることなく年間100本近いライブを行い、手探りながら存在意義を見つけ出した。



そして、満を辞して発表される2nd mini Album『ambivalence』は、強く脆い、歪(いびつ)で美しい全6曲のラブソングを収録。先行配信で話題を呼んだ「AGE」、MVが3.9万再生を記録する「初恋」、ライブで定評の「君はクレイジー」など、現在のWELL DONE SABOTAGEの全てが詰まったアルバムとなっている。



また、7月7日より『ambivalence』リリースツアーをスタートし、ファイナルは9月4日に東京・下北沢にてワンマンライブ開催すると発表された。どんな時も彼らが主戦場としてきた「生きることの喜びや葛藤を、歌い奏で体現する」ライブステージの成長を、ぜひ体感してみてはいかがだろう。



【WELL DONE SABOTAGEメンバー コメント】