小型電子機器も無線充電の時代へ! 1円玉サイズに込められた、日本のスゴイ技術

小型電子機器も無線充電の時代へ! 1円玉サイズに込められた、日本のスゴイ技術
拡大する(全1枚)

 スマートフォンやタブレットなどのウェアラブル機器への給電方法として注目されている、無線給電機能。機器にこれが備わっていれば、わざわざマイクロUSBケーブルを本体に差したりしなくても、充電パッドに置くだけで充電できるので非常に便利だ。その便利さたるや、一度使うと、もう手放せなくなってしまうほど。


 しかも便利なだけではなく、接点端子が必要なくなれば、機器の防水性や防塵性も高まる。また、端子の付け外し時に接続部周辺を傷めたり、壊したりするような心配もしなくて済む。無線給電の国際標準規格 「Qi(チー)」に対応していれば、他の機器類との共用もしやすいし、コンビニなどでも充電パッドを手軽に購入することもできる。


 株式会社グローバルインフォメーションが3月に発売した、市場調査レポート「ワイヤレス充電の世界市場・COVID-19の影響 (~2026年)」によると、2021年の無線充電の市場規模は45億米ドル。今後、CAGR24.6%で成長し、2026 年には134 億米ドルにまで達すると見込んでいる。またその根拠として、家電製品におけるワイヤレス技術の採用率上昇、EV車の販売台数増加、複数のデバイスを一度に充電できる技術の確立などを挙げている。


 ところが、そんな便利な無線給電システムにも弱点がある。それは、既存の無線給電規格は周波数が低く、規格準拠するためにはアンテナの小型化に限界があることだ。例えば、流通現場で普及が加速しているスマートタグやスマートカード等の小型機器や、マウスやワイヤレスキーボードなどのPC周辺機器、ヘルスケア機器など、無線充電化できればますます便利に使えそうなものも多いが、Qi規格対応の大きなアンテナを小型機器や薄型機器に仕込むのは難しかったのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク