プロレス本格参戦のSKE48 荒井優希が練習を公開、得意技・カカト落としは上々の仕上がり
拡大する(全1枚)
東京女子プロレスに本格参戦することを発表しているSKE48荒井優希が28日(水)、5月4日のデビュー戦を前に、東京・御茶ノ水道場で公開練習を行い、上々の仕上がり具合を披露した。

【写真】公開練習で得意技のカカト落としを見せる荒井優希【11点】

公開練習には、トレーニングパートナーの山下実優、今回アイドルタッグを組む「アップアップガールズ(プロレス)」の渡辺未詩が参加。荒井は山下が抱えるミットめがけて、得意技のカカト落としを何度も試し、ボディスラム、ロープワークからショルダータックルをくらった際の受け身などを入念に確認した。

本格デビュー戦は東京都に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、無観客試合となり、インターネットテレビ局 ABEMA、「WRESTLE UNIVERSE」(英語実況)による生配信が実施されることに。

荒井は「無観客はすごくさびしい。『見に行くよ』って声もたくさんいただいていたので。ただ、配信があって大会が開催されるので、そのことに感謝して。画面の向こうで見てる皆さんに伝わるように、精いっぱいリングに立ちたいと思います」とコメントした。

仕上がり具合について、山下実優からは「受け身も少しずつ取れるようになって。カカト落としもありますし、当日までしっかり仕上げていければいいなと思います。まだやれることは多くないのですが、無観客でも画面の向こうの皆さんに伝わるようにって、強い気持ちが本人にはあるので、それが伝わればいいなっていうのはあります」との言葉もかけられた。