売り切れ書店も続出、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』原作本の3つの魅力とは

売り切れ書店も続出、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』原作本の3つの魅力とは
拡大する(全1枚)
完全記憶力を持つ民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾慧/ Hey! Say! JUMP)と、人の嘘がわかる大学生・深町尚哉(神宮寺勇太/ King & Prince)の凸凹バディによる謎解きミステリー、オトナの土ドラ『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察 Season1』。

ドラマは毎週土曜日の放送の度にSNSで話題となっているが、実は原作本も爆売れ状態なのだ。ドラマ化とともに重版がかけられたものの、予想外の売れ行きに売り切れになる書店が続出。7月に二度、8月に入ってからもさらに重版がかかるなど、出版元の角川文庫キャラクター文芸編集部も「売れすぎて何度目の重版かわからない!!」と嬉しい悲鳴を上げている。ということで今回は原作本の魅力について考察してみたい。

【写真】Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が主演・ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』場面カット【3点】

そもそもキャラクター文芸とは何なのか。小説の分類として最近定着してきた分野で、明確な定義はまだないものの、総じて主人公やその周囲の登場人物たちが漫画やアニメのように個性的で、かつ舞台設定も特殊な小説をカテゴライズしたものと言って良いだろう。

今作は完全記憶能力(瞬間記憶能力)を持った主人公と、嘘が分かる大学生という凸凹バディによる謎解きミステリー。それぞれ単独であればどこかで見た事のある設定かもしれないが、この2つの異能が重なることで、実は物語が掛け算的に面白くなっているのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

伊野尾慧のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「伊野尾慧」に関する記事

「伊野尾慧」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊野尾慧」の記事

次に読みたい「伊野尾慧」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク