小片リサが「発声からしてレベルが違う」“伝説”のOGとの共演で学んだ、ソロとしての在り方
拡大する(全1枚)
道重さゆみ田中れいな夏焼雅鈴木愛理らがハロプロOGが所属する「M-line club」の「M-line Special 2021~Make a Wish!~」。2021年1月からの超ロング公演となり、コロナ禍においても盛り上がりを見せたこのツアーの見所を、ハロプロファンでもあるM-line1年生の小片リサが解説。

>>ソロアルバムへの想いを語った前編はこちら

【写真】ソロとしてリスタート、小片リサの撮りおろしカット【10点】

──M-lineのツアーが盛り上がっているという話をよく伺います。どういった点がファンに支持されているのでしょうか?

小片 「M-line Special 2021~Make a Wish!~」は今年1月からずっと続いている、ものすごく長いツアーなんですよ。私は今年の6月からM-lineの一員になり、途中からの参加ではあるんですけど、このツアーは本当にすごい。というのも、毎公演、参加メンバーが違うし、ハロプロの曲やソロ活動での曲を組み合わせたりとセットリストも全然違うんです。

──なるほど。でも、そうなるとハロー!プロジェクトの曲を現役メンバーが披露するハロコンと、どこが大きく違うんですか?

小片 これは個人的な意見なんですけど、M-line Specialでやる曲ってハロコンよりもマニアックな傾向がある気がするんです。昔からハロー!プロジェクトを応援している方ならニヤリとするかもしれませんし、最近の若いファンの方は新たな発見があると思います。たとえば鈴木愛理さんなんてソロになってすでに4年くらい経っているから、そうするとファンの方の中には