ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 3』の第2話が6月10日(金)23時より放送された。

【写真】購入したクラシックカーでデートを楽しむ中田圭祐と川島海荷【5点】

番組は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組『私たち結婚しました』(※1)を日本版にリメイクした、「ABEMA」オリジナルの結婚モキュメンタリー番組。
今シーズンは、佐野岳島崎遥香のペア、中田圭祐と川島海荷のペアの 2 組が結婚生活を送っている。MCはお笑いコンビ・千鳥のノブと俳優の三浦翔平、シーズンゲストとしてタレントの高橋みなみが出演している。

第2話では中田圭祐と川島海荷の夫婦が、結婚生活をスタートして初めての朝を迎えた。早起きをして朝食の準備をする川島の傍ら、大音量のアラームが鳴っても二度寝を続ける中田。その様子を見たスタジオのノブが、「むちゃくちゃ二度寝してるやん」と思わずツッコむ場面も。

見かねた川島は、準備を中断してベッドに向かうと、中田の体を揺さぶって「おはようございます」と声掛け。
眠たそうな表情のままの中田に対し、最終的「3、2、1、はい」とカウントダウン。その声に合わせて、中田はやっと「おはよう」と起床した。

コーヒーとともに朝食を食べながら、互いに「けいぴー」「うみ」と呼び合うことを決めた2人は朝から終始笑いの絶えない様子で、新婚らしい朝を満喫した。そして朝食後、「行きたいところがある」と語る中田に連れられ2人で向かったのは、ネオクラシックカー専門店。顔なじみの店員さんに対して川島のことを「妻のうみです」と自慢げに紹介した。

お店で、最初は「え!?買うの?大きくない?」と驚いた表情を見せていた川島も、中田の楽しげな様子につられて車選びを満喫。
2人でじっくり吟味した末、スターレットターボS(1988年式)を購入することに決定した。

運転席と助手席に乗り込むと、「どこ行こうか」「海とか」「鎌倉とか」「夜景とかもいいね」と大盛り上がり。中田は「じゃあこれでいい景色を見に行こう」と2人で今後のデート先を相談した。

川島はデートを振り返って、「すごくイキイキしてました。本当に好きなことがあるのは、ステキだなと純粋に思いました。相手の好きな場所に着いて行くと、いろんな発見があるんだなと思いました」とコメント。
互いを「けいぴー」「うみ」と呼び合う“けいうみカップル”に対し、SNSでは「年下男子かわいい」「常に笑顔のお似合い夫婦」などの声が続出した。

一方、スタジオでは、2人のドライブデートを見て、三浦翔平が、妻・桐谷美玲との思い出を告白した。

ノブから「夫婦でドライブに出かけることはある?」と聞かれると、三浦は「子どもが生まれる前は、よく2人で湘南に行ってました」と回答。湘南を選んでいた理由を問われると、「作品の出会いの場所だったので…」と告白。するとノブは「やってんな~、おい!言いたいわ~、それ」とうらやむ場面も。高橋も「いいな~、めちゃくちゃいいですね」と、スタジオを沸かせた。


終始笑いが絶えない2人の結婚生活初めての朝の様子は、「ABEMA」にて無料で視聴できる。

※1:『私たち結婚しました』は、韓国の地上波放送局、株式会社文化放送(MBC)が企画、制作した番組です。

【あわせて読む】中田圭祐が川島海荷との”誓いのキス”を振り返る「僕以上に照れてる妻が可愛かった」