伊藤かりんが伝えた“乃木坂46の魂”「アンダーライブが大好き。自分のアイドル人生を誇りに思う」

       
伊藤かりんが伝えた“乃木坂46の魂”「アンダーライブが大好き。自分のアイドル人生を誇りに思う」
乃木坂46が24日(金)、横浜アリーナで、23rdシングル『Sing Out!』リリース記念アンダーライブを開催した。

全員センターや演劇的なアプローチなど、ライブのたびに様々な演出に挑戦してきた乃木坂46アンダーライブ。しかし、通算101回目となる今回の23rdシングル発売記念アンダーライブはギミック(仕掛け)のないイベントとなった。

横浜アリーナにコツコツコツと足音が響くと、そこに10人の気高い戦士たちが凛とした姿を現す。1曲目は『滑走路』。「恋愛への助走」を「滑走路」に見立てた歌詞だが、「滑走路なんか必要ない今すぐに空へ飛び立てるよ」というフレーズには、10人がすでに自立した存在であることを表しているようにも感じる。

なかでもセンター寺田蘭世はその歌詞を体現したような存在感を見せつける。希望と絶望を繰り返しながら、自らの弱さと向き合うたびに強くなった彼女の心は、その眼差しに表れている。

さらに寺田センターの『その女』、『ブランコ』が続き、彼女の歴史とアンダーライブの歴史が重なっていく。その眼差しの強さは、3期生の中村麗乃向井葉月吉田綾乃クリスティーにも伝播。センターステージは情念の炎で包まれた。

MC後は卒業を控える伊藤かりん斉藤優里が合流。自身の“代表曲”『13日の金曜日』を歌った斉藤は早くも号泣(伊藤かりんと斉藤優里は舞台裏で10人のパフォーマンスを観ている時点で泣いていた)。

あわせて読みたい

伊藤かりんのプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「川久保拓司」のニュース

次に読みたい関連記事「川久保拓司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中尾ミエ」のニュース

次に読みたい関連記事「中尾ミエ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新内眞衣」のニュース

次に読みたい関連記事「新内眞衣」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。