乃木坂46山下美月が、7月7日(日)から放送の日曜ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演する。

【写真】少女の失踪事件を追う記者・森燈子を演じる山下美月

原作は、講談社「マガジンポケット」で連載中のマンガ『降り積もれ孤独な死よ』(原作・井龍一/漫画・伊藤翔太)。
今回は、未完の原作を元にオリジナルの要素も交えて放送される。

一軒の人気のない屋敷から13人の子供の白骨死体が見つかったという通称・灰川邸事件発生から7年。一人の少女の失踪事件をきっかけに灰川邸事件の現場に残されていた謎のマークが再び浮かび上がる。過去と現在、2つの事件の真相が毎回衝撃の展開と共に紐解かれてゆくスリリングなヒューマンサスペンスドラマとなっている。

今回、山下が演じる森燈子は、灰川邸事件から7年後の2024 年に起きた1人の少女が失踪した事件を追う「週刊文苑」の記者。取材の中で少女失踪事件と灰川邸事件の繋がりに気づき、過去の事件の真相を暴こうとするドラマオリジナルのキャラクターだ。


山下は今作が乃木坂46卒業後初のドラマ出演作となり、ますますの活躍に注目が集まる。森を演じるにあたって「この事件の闇に隠された謎を、記者として突き止めていきます。真実を暴くことだけが、正しさなのか?今作の素敵な脚本をいただいたときから、ずっと考えていました。事件の裏に隠れた家族の愛や罪も、全てを明らかにするのが記者としての正義ではありますが、それと同時に一人の人間として守りたいものも大切に演じたいです」と、想いを語っている。

2024年に起きた少女の失踪事件と7年前の灰川邸事件。過去と現在が交錯する物語を繋ぐ森。
「森の第三者の視点から、視聴者の皆さんとともに走りきりたいと思います。ぜひ楽しみにしてくださったら、幸いです!」と、物語に寄り添う覚悟を見せた。

ドラマオリジナルのキャラクターについて、中山プロデューサーは「原作の素晴らしい設定に新しい時間軸を加えさせていただき、過去と現在で交錯する2つの事件。それらの真相を追いかける記者である森のキャラクターに関しても、原作の井龍先生と意見交換をさせていただき、まっすぐ信念と情熱を持った魅力的な人物になっていると思います」と、原作・井龍一氏との制作エピソードを明かした。

さらに今回、本編映像の一部が解禁。凄惨な事件を捜査する刑事を演じる主演・成田凌、そして黒木メイサ佐藤大樹の凛々しい姿や、事件の容疑者であり屋敷の主・灰川十三を演じる小日向文世、灰川を“父”と呼ぶ子供たちを演じる吉川愛、萩原利久、仲万美、松本怜生、カカロニ栗谷ら映し出され、謎めいた空気感に、これから始まる物語への期待が高まる内容となっている。


【あわせて読む】乃木坂46 山下美月の卒業コンサートが東京ドームで開催「生まれ変わっても絶対にアイドルになりたい」