山本舞香、ドラマ『相棒』で謎の女を熱演!ある行動で緊張がほぐれた!?
拡大する(全2枚)
山本舞香

若手実力派・山本舞香が出演するドラマ『相棒』第13話が、2022年1月26日(水)に放送される。

山本舞香、『相棒』で“謎の女”を熱演

山本舞香、ドラマ『相棒』で謎の女を熱演!ある行動で緊張がほぐ...の画像はこちら >>

season20という節目にふさわしく、昨年10月のスタートから挑戦的かつ濃密なミステリーを放送してきた『相棒』。シーズンも折り返し地点を過ぎ、いよいよ2015年10月以来、7年にわたって関係性を築いてきた杉下右京(水谷豊)×冠城亘(反町隆史)の最終章に突入。

これまで以上に見逃せないストーリーが展開しているが、第13話では、山本がゲスト出演。物語の鍵を握る謎の女性を演じる。第13話は、伊丹のもとに、定年退職した元似顔絵捜査官・黒瀬和成(勝部演之)が訪ねて来たところからはじまる。

山本舞香、ドラマ『相棒』で謎の女を熱演!ある行動で緊張がほぐれた!?
山本舞香

黒瀬は13年前に行方不明となった少女の両親に頼まれ、彼女が成長した姿を想像し、ウエディングドレス姿の絵“冥婚絵”を描いたが、自分が描き上げた肖像とそっくりな若い女性を見かけたというのだ。

捜査をはじめた特命係、杉下右京(水谷)と冠城亘(反町)の前に現れたのは、黒瀬のいうとおり、絵とうりふたつの女性・菅原遥香(山本)。彼女は失踪した少女の従姉妹だと名乗るが、その矢先、ある男性が刺殺される事件が発生。被害者はなぜか黒瀬が描いた冥婚絵のプリントアウトを所持していた……というストーリー。

遥香は13年の時を経て現れた失踪少女なのか、それとも…!?そして、冥婚絵でつながれた2つの事件の真相とは。山本の繊細な演技が光る第13話をお見逃しなく。


この記事の画像

「山本舞香、ドラマ『相棒』で謎の女を熱演!ある行動で緊張がほぐれた!?」の画像1 「山本舞香、ドラマ『相棒』で謎の女を熱演!ある行動で緊張がほぐれた!?」の画像2