1868年(明治元年)9月8日、一世一元の制を定められたうえで、明治と改元されたことによって始まった明治時代。明治の時代には多くの海外の文化が流入し、それによって、日本においても多くの発明や技術発展が勃興します。


そんな急激な西洋化が進む日本において、今なお多くの人々に愛されている、ある画期的なグルメが誕生します。それが日本が世界に誇るべきグルメの1つ、洋食。

トンカツ、オムライス、カキフライ、エビフライ、ハヤシライスなど、誰もが知っているこれらの代表的な洋食メニューは、実は1895年(明治28年)に銀座ガス灯通りに創業した1軒のフランス料理店「煉瓦亭」から生まれ、以降、多くの人々に愛されることになります。

そして明治に生まれた画期的な洋食メニューは、時代を超え、距離を超え、日本各地で大きく広がり、その土地土地でさらに多くの人々から愛されることで、独自の洋食文化の花を開花させ、今なお多くの人々に愛されつづけています。

例えば、広島が誇る美味しい老舗洋食店「ますゐ」で愛され続けている「サービスとんかつ」に、古都・金沢が誇る「グリル・オーツカ」の「ハントンライス」、そして大阪ミナミがほこる老舗洋食店「重亭」の「ハンバーグステーキ」、さらには福井が誇る「ヨーロッパ軒総本店」の「ソースカツ丼」や、福岡が誇る「ブラジレイロ」の絶品「ミンチカツレツ」、そして京都市左京区岡崎の「グリル子宝」の絶品「オムライス」などなど、数え上げれば枚挙がないほどです。

そんな日本各地に存在する美味しい洋食店の中から、今回は東京都江東区にあるお店をご紹介しましょう。


お店の名前は「実用洋食 七福」。

・昭和42年(1967年)創業の老舗洋食店、それが「実用洋食 七福」

こちらのお店、昭和42年(1967年)の創業の老舗の洋食店。

1967年(昭和42年)と言えば、東急百貨店本店や小田急百貨店などの私鉄各社が運営する百貨店がオープンし、キー局でカラーテレビの本放送が開始、日本航空が世界一周線の運航を開始するなど、日本全体が好景気を謳歌し、将来に対する憂いなど微塵も感じる事が無かった時代。

そんな輝かしい時代に産まれた老舗の洋食店は、激動の昭和、平成、令和となっても、いまなお多くのファンを魅了し続けています。
【日本洋食紀行】古き良き昭和の香りを今に届ける絶品食堂 / ...の画像はこちら >>



・最高の満足感を得られるシグネチャーメニュー、それが七福ランチ
こちらのお店には様々な美味しい洋食メニューがあるため、何を味わうか悩んでしまうかもしれません。

そんな時にお勧めしたいのがこちらのお店の名前を冠したメニュー「七福ランチ」です。


エビフライに、豚肉の天ぷら、ケチャップソースたっぷりのメンチボールにハム、そして脇を固めるマカロニとサラダと、ボリューム満点のランチメニューです。
【日本洋食紀行】古き良き昭和の香りを今に届ける絶品食堂 / 東京都江東区白河の「実用洋食 七福」
IMG-8014

【日本洋食紀行】古き良き昭和の香りを今に届ける絶品食堂 / 東京都江東区白河の「実用洋食 七福」
IMG-8015


それぞれのおかずをしっかりとご飯で受け止めて味わっていくので、飽きることなく、最後まで美味しいランチを味わうことができるのですが、なかでも特筆したいのが、ケチャップソースたっぷりのメンチボール。

こちらのソースがご飯との相性も抜群なので、ソースとご飯だけでも美味しく味わうことができます。もちろんこのソースをエビフライや豚肉の天ぷらに付けても、美味しく味わうことができます。
【日本洋食紀行】古き良き昭和の香りを今に届ける絶品食堂 / 東京都江東区白河の「実用洋食 七福」
IMG-8018


そして満足感の余韻をしっかりと楽しませてくれるのがワカメたっぷりのお味噌汁。

お腹いっぱい美味しい洋食を味わった後に、日本人に生まれてよかった、と心の底から感じることができる、ホッとする味噌汁の味わいは、最高の時間を提供してくれます。

【日本洋食紀行】古き良き昭和の香りを今に届ける絶品食堂 / 東京都江東区白河の「実用洋食 七福」
IMG-8017


日本の経済成長を支えてきた下町の洋食店「実用洋食 七福」。

清澄白河を散策する際に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


お店  実用洋食 七福
住所  東京都江東区白河3-9-13
営業時間  11:00~14:00 / 17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 水曜・第1日曜