ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?

ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?
拡大する(全12枚)
2008年に独立を宣言したヨーロッパで最も若い国、コソボ共和国。いまだに紛争のイメージがつきまとうコソボですが、近年その文化遺産と自然に注目が集まりつつあり、少しずつ観光客も増えています。

日本人が一般にイメージする「ヨーロッパ」とはまったく異なる世界が広がる、コソボとはどんな国なのでしょうか。

・コソボ基本情報

ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?の画像はこちら >>


東ヨーロッパのバルカン半島に位置するコソボ共和国は、面積が岐阜県と同程度のおよそ1万900平方キロメートル、人口約180万人の小国。旧ユーゴスラビア時代にはセルビアの一部でしたが、2008年に独立を宣言しました。

主要民族はアルバニア人で人口の約92パーセント、ついでセルビア人が5パーセント、トルコ人などその他の民族が3パーセントを占めています。

アルバニア人の多くがイスラム教を信仰しているため、ヨーロッパでは珍しくおもな宗教はイスラム教。セルビア人はおもにキリスト教のセルビア正教を信仰しています。

2018年1月現在、コソボはEUには加盟していないものの、通貨はEUの共通通貨であるユーロが使われています。

・コソボへの道

ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?


2018年1月現在、日本とコソボを結ぶ直航便はなく、オーストリアのウィーンやトルコのイスタンブール等で最低1回は乗り換える必要があります。バルカン半島を周遊する場合、マケドニアのスコピエやアルバニアのティラナなどからバスで入国する方法もポピュラー。

日本パスポート保持者は観光目的の場合、90日以内の滞在ならビザは不要です。

この記事の画像

「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像1 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像2 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像3 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像4
「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像5 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像6 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像7 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像8
「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像9 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像10 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像11 「ヨーロッパで最も若い国、いまだ秘境感漂うコソボってどんな国?」の画像12

当時の記事を読む

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「観光」に関する記事

「観光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「観光」の記事

次に読みたい「観光」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月7日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。