ドイツ・ダルムシュタットにある年間500組ものカップルが結婚式を挙げるロマンチックな「結婚式の塔」

ドイツの経済と金融の中心であるフランクフルトから、南へ電車で15分ほど走ったところにある町ダルムシュタット。

この町には19世紀末から20世紀にかけ、当時のヘッセン大公であったエルンスト・ルートヴィヒが欧州各地から芸術家を集めて作った村「マチルダの丘」があります。芸術家たちが建てたユーゲントシュティールの建築群は多くの建築・芸術ファンを惹きつけ、その優雅な建物を一目見ようと訪れる者が後を絶ちません。

ドイツ・ダルムシュタットにある年間500組ものカップルが結婚式を挙げるロマンチックな「結婚式の塔」


そんなマチルダの丘でひときわ目を引くのが、空へ向かって高く伸びる「結婚記念塔」。1905年に結婚したエルンスト・ルートヴィヒ大公とエレオノーレ妃の結婚を記念し、ダルムシュタット市が2人へ贈った塔です。

ドイツ・ダルムシュタットにある年間500組ものカップルが結婚式を挙げるロマンチックな「結婚式の塔」


愛する2人の結婚を記念した塔は、100年以上の時を経たいまなおカップルに人気のスポット。こんにちでは年間500組ものカップルがここで結婚式を挙げ、2人の門出を祝います。

ドイツ・ダルムシュタットにある年間500組ものカップルが結婚式を挙げるロマンチックな「結婚式の塔」


結婚記念塔を建設する計画がもちあがったのは、ルートヴィヒ大公とエレオノーレ妃の婚約が発表されてからのことでした。塔はウィーン分離派にも参加していたオーストリアの建築家ヨゼフ・マリア・オルブリッヒが設計し、1907年から翌年にかけて建設されます。

ドイツ・ダルムシュタットにある年間500組ものカップルが結婚式を挙げるロマンチックな「結婚式の塔」


塔の先端は手のような形になっており、これは結婚式でルートヴィヒ大公が宣誓をした際の手をモチーフにしていると言われています。

ドイツ・ダルムシュタットにある年間500組ものカップルが結婚式を挙げるロマンチックな「結婚式の塔」


さっそく塔の中に入ってみましょう。塔に足を踏み入れた私達が目にするのは、天井付近の壁に描かれたモザイク画。「口づけ」というタイトルのモザイク画では、2人の天使が口づけを交わす様子が描かれています。とても愛に溢れている作品は、見る者をロマンチックな気分にさせるほど。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年9月25日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。