【ルック】フェンディが2022-23年秋冬メンズコレクションを発表

【ルック】フェンディが2022-23年秋冬メンズコレクションを発表
拡大する(全3枚)

2022年1月15日午後2時(イタリア現地時間)、フェンディ ミラノオフィス(所在地:Via A. Solari 35, Milan)にてシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)による2022-23年秋冬メンズコレクションが発表されました。

古き世界のクラシックを新たな「狂騒の20年代」に押し上げ、メンズワードローブを再解釈。破壊的でいて遊び心あるフォーマルなデザインに、昔ながらのエレガンスをプラスしテーラリングの概念を打ち破ります。ブラックやクリームバーガンディ、ラズベリー、モカ、トープ、ホワイトなどのリッチで控えめな色使いが、貴重な織地や大胆なグラフィックステートメントを際立たせます。ヴィシーチェックのツイードや千鳥格子のスーツ地などの伝統的な生地や織物、サテントリムのタキシードやシルクジャカードに、リブの袖、ケーブルニットのアンサンブル、さらには新たなモノグラムとしての「オーロック(O’Lock)」 チェーンモチーフが対話のように掛け合わされます。

【ルック】フェンディが2022-23年秋冬メンズコレクションを発表

往時の男性的な洗練の象徴も取り入れて、本コレクションは、立体的なパールとダイヤモンドのデジタルプリント、シアリングのフラワーブローチ、パールの「オーロック」チョーカーや、クリスタルの「FF」ペンダントで飾られています。スーツ、ニットやレザーのかつてない組み合わせにより、フェンディのテーラリングのかっちりしたラインに、新たな柔らかさが加わりました。ブレザーはフラットなケープへと大きく形を変え、襟の大きく開いたジャケットやニットは鎖骨を露わにし、ワイドトラウザーズは、後ろに付いたハーフスカートと一緒に揺れます。アウターウエアは、ドロップショルダーやドルマンスリーブ、シャープなラペル、くるみボタンによってクチュールのボリューム感を出し、エッチング加工を施した「オーロック」 シアリング、複雑なインレー技法のシアリング、スムースなレザートリムによって、フェンディのクラフツマンシップを追及しています。

この記事の画像

「【ルック】フェンディが2022-23年秋冬メンズコレクションを発表」の画像1 「【ルック】フェンディが2022-23年秋冬メンズコレクションを発表」の画像2 「【ルック】フェンディが2022-23年秋冬メンズコレクションを発表」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FASHION HEADLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ファッションニュースランキング

ファッションランキングをもっと見る
お買いものリンク