「ディオール」メンズ、故ジュディ・ブレイムのパンク精神が宿る20-21年ウィンターコレクションを発表

 「ディオール(DIOR)」が、パリのファッションウィークでメンズ2020-21年ウィンターコレクションを発表した。ショーはアーティスティックディレクターのキム・ジョーンズ(Kim Jones)の親しい友人で、2018年2月にこの世を去ったスタイリストのジュディ・ブレイム(Judy Blame)にオマージュ。メゾンのサヴォアフェールとブレイムのパンクな世界観を融合させたコレクションを披露した。

【画像をもっと見る】

 ブレイムは80年代後半、ジョン・ムーア(John Moore)によるショップ兼デザインスタジオ「ザ・ハウスオブビューティアンドカルチャー(The House of Beauty and Culture)」の立ち上げにクリストファー・ネメス(Christopher Nemeth)らと共に携わり、前衛的なアプローチでパンクファッションの礎を築いた人物。デザイナーやアーティストとのコラボレーションにより生み出された作品は、キムをはじめとするファッションクリエイターたちに多大な影響を与えた。

「ディオール」メンズ、故ジュディ・ブレイムのパンク精神が宿る20-21年ウィンターコレクションを発表

 パリのメンズファッションウィーク4日目、コンコルド広場の特設会場で開かれたショーは、ランウェイの中央に透明の仕切りが作られ、その中にスモークが焚かれる仕掛け。グレー&ブルーやキャメルカラーのクラシカルなシルエットのジャケットやテイラードスーツが主軸に構成された。ペイズリーやアラベスク柄のシャツを合わせ、まくりあげた袖口からベロアやオブリーク柄など様々な素材のオペラグローブを見せるスタイリングが特徴だ。シャツやニット、グローブにはビーズのエンブロイダリーが随所に施され、最後に登場したビーズ刺繍のエレガントなビジューコートは、1961年から1989年まで約30年間にわたりメゾンのアーティスティックディレクターを務めたマルク・ボアン(Marc Bohan)へのオマージュとして、1100時間以上をかけて制作されたオートクチュールピースだという。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「シャネル」のニュース

次に読みたい関連記事「シャネル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ルイ・ヴィトン」のニュース

次に読みたい関連記事「ルイ・ヴィトン」のニュースをもっと見る

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。