ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集

ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集
拡大する(全7枚)

ジリオンTW HDがリリースされて数年が経過しましたが、その間実釣シーンで使い込んでみたインプレをご紹介します。

豊富なラインキャパによって太いラインを操れることは、かなり大きなアドバンテージを生み出してくれていますよ。

濃いカバーや複雑にな地形変化を果敢に攻めたいアングラーに、ベストマッチなベイトリールといえるでしょう。

「ハンドルも大きいよね!」

100ミリの長さでアルミ製ですから、何の躊躇もなくゴリ巻きできます。

しかもラウンドノブなので、がっちりつまんでチカラを込めることができるのがいいですね。

ジリオンTW HDとはどんなベイトリールなの?

ジリオンTW HDとは、ダイワから発売中のマルチパーパスなベイトリールのことです。

バス釣りはもちろん、シーバスゲームやチニング・ロックフィッシュゲームなどにも幅広く使うことができるように仕上げられています。

注目したいのは、スプール。

G1ジュラルミン製の深溝仕様になっていて、直径は36ミリもありますよ。

当然ラインキャパもそれに合わせてアップしていて、なんとモノフィラメントラインの20ポンドなら100メートルまで巻けます。

これならロングキャストで、濃いカバーを直撃しながら撃っていけますよね。

そしてここに装着されているブレーキシステムは、マグフォースタイプ。

いわゆるインダクトローターが出入りするのではなく、固定されているタイプになります。

実際にマグフォース搭載リールでキャストしてみると、最初から制動が強めに掛かっているような感触を受けますが、ジリオンTW HDに関してはいい感じに抜けていて、ルアーがイメージ通りの放物線を描いてくれますね。

このG1ジュラルミン製深溝スプールに、とてもマッチしているのかもしれないですし、そういうセッティングになるまでメーカー側が煮詰めたのかもしれません。

とにかくよく伸びて扱いやすいブレーキに仕上がっているのは、釣りをする上で大きなメリットになるでしょう。

高比重ワームのノーシンカーリグやチャターベイト・スピナーベイト・中空フロッグ・スイムベイトなどとの相性がよく、カバーから引きずり出したい魚を見つけたときなどに重宝します。

またボールベアリングにはマグシールドを採用しているので、海などで使う際に躊躇なく海水まみれにできるのが嬉しいですね。

使用後のメンテナンスも、水道でじゃぶじゃぶ洗えますから、とてもカンタンに済ますことが可能です。

きっちり拭き取りをして、日照の当たらない場所で自然乾燥させてみましょう。


この記事の画像

「ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集」の画像1 「ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集」の画像2 「ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集」の画像3 「ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集」の画像4
「ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集」の画像5 「ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集」の画像6 「ジリオンTW HDを使い続けてみた!実釣インプレとマッチングのいいおすすめロッド特集」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FISHING JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク