【今日の一冊】復活の日

【今日の一冊】復活の日


レビュー

人類のほとんどが免疫を持っていない新種のウイルスが世界中に蔓延し、混乱が広がる。まるで現在の世界の様子を描いているかのようであるが、これはSFの大御所である著者・小松左京氏が1964年に発表した作品『復活の日』のあらすじだ。緻密な取材にもとづいて書かれた本作には、現在の状況を予見していたのではないかと思われるほどの著者の洞察が詰まっている。
著者の息子である実盛氏の解説によれば、第二次世界大戦の戦禍のなかで思春期を過ごした著者は、本土決戦で命を落とす覚悟をしていた。しかし思いがけず生き残り、終戦を見届けた著者を待ち受けていたのは、平和な時代ではなかった。第三次世界大戦が勃発すれば、今度こそ世界が滅んでしまうかもしれない。そうした危機感のなか、本作の執筆が決まった。それは奇しくも現在と同じように、東京オリンピックを翌年に控えた1963年のことである。
こうした流れを見ると、著者が現在のようなウイルスによる混乱を予見し、人類の未来を悲観していたように感じられるかもしれない。しかし本作はむしろ、人類が断崖に追い詰められた姿を描き出すことで、私たちが「理知的」にふるまうことを促そうとしている。作中の人類はほとんど滅びてしまうが、何かが少しでも違えば、誰かがもう少しだけ理知的にふるまっていれば、違った結末があったのではないかと思わされる。
今日の混乱のさなかにいる私たちは、はたして理知的にふるまえているだろうか。日本SFの金字塔と呼ぶにふさわしい名作である。


あわせて読みたい

flierの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。