東京の酒蔵「澤乃井」のかき氷と多摩川渓流で涼む

東京の酒蔵「澤乃井」のかき氷と多摩川渓流で涼む
sawa3

東京の山側、青梅市。高尾山よりもさらに西に行く、緑と水の豊かな土地。

東京駅から青梅線直通の中央線を使えば、乗り換えなしで行けるのだから実は便利だ。

青梅を越えると電車は山の中を縫って走って行く。気が付けば進行方向左手に多摩川も見えてくる。

東京の酒蔵「澤乃井」のかき氷と多摩川渓流で涼むの画像はこちら >>

そうして東京駅を出発して約1時間半、「沢井(さわい)」という小さな駅で下車。

そこから多摩川に向かって急な坂を下ること5分、「小澤酒造」が青梅街道沿いに見える。

東京というあまり日本酒醸造に馴染みのない土地柄だが、ここは1702(元禄15)年創業で、意外に古くからある酒蔵。今や「澤乃井(さわのい)」のラベルを見かけることも多くなった。

予約をすれば、酒造見学もさせてもらえる。

東京の酒蔵「澤乃井」のかき氷と多摩川渓流で涼む

さて、青梅街道を渡ってさらに多摩川沿いに出ると、小澤酒造による「澤乃井園」という庭園に出る。

家族連れでも楽しめる場所で、食事処やお土産店、「きき酒処」などがある。

せっかく来たのだから、澤乃井の様々な日本酒を試したい。5勺(約90ml)のきき酒猪口を使い、常時10種類あるという酒を試させてもらう。

季節限定のものもあり、すべて購入が可能なのでお気に入りを見つけたい。

東京の酒蔵「澤乃井」のかき氷と多摩川渓流で涼む

食事処の手作りの酒まんじゅうも美味しいが、この季節は是非「甘酒かき氷」を試して欲しい。かき氷の上にかけられた甘酒の優しい甘さが、火照った体を一気に冷やしてくれる。

甘酒は夏バテにも効くと言うから、これは最高のコンビネーションだ。

東京の酒蔵「澤乃井」のかき氷と多摩川渓流で涼む

この「澤乃井園」の脇を降りると、すぐ多摩川に出る。都心部を流れる多摩川とは違い、アユも復活したという清らかで冷たい流れ。

両岸には「御岳(みたけ)渓谷遊歩道」があるので、カヌーやラフティングを楽しんでいる人たちに手を振りながら、のんびりと歩く。暑くなったらすぐそこの川に脚を入れて冷やせば良いし、山歩きとは違った涼しさを堪能出来るのだ。

約2kmの遊歩道を歩き終えると、JR御嶽駅はすぐ近く。途中にある川合玉堂の美術館に立ち寄るのもよし、ラフティングなどのウォータースポーツにチャレンジするのもよし。

東京に残されている美しい自然に囲まれて、夏の暑さを忘れてしまおう。

(田原昌)

当時の記事を読む

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。