コインパーキングの非常識な駐車方法が話題に…違法性は?

コインパーキングの非常識な駐車方法が話題に…違法性は?
拡大する(全2枚)

写真には、無人のコインパーキングに二台の車が止まっている様子が写っています。このタイプのコインパーキングは、車両の入庫が完了すると、しばらくして地面に設置されたフラップ(プレート)がせり上がって車両が出庫できなくなり、料金を精算するとフラップが下がって出庫が可能となる仕組みです。
ところが、二台ともフラップの手前で停車しています。静止画ですので、入庫が完了しているかどうかまでは分かりませんが、仮に入庫を完了して既に運転者が現場を離れているとすると、駐車料金のカウントが開始されず、運転者が料金を精算しないで出庫してしまう可能性があります。
この仕組みのコインパーキングは、古くから存在しますし、有料コインパーキングであることは外観からも明らかですから、知らないで駐車しているとは考えにくく、料金を支払わないで駐車施設を利用する意図ないし目的があったと言えるでしょう。

●罪に問われる?
それでは、このような場合、運転者にはどのような罰則が科せられるでしょうか。
まず考えられるのは、威力業務妨害罪(刑法234条)です。コインパーキングは事業として運営されていますので、このような駐車方法をとると、駐車場の正規の利用者の利用を妨げ、駐車場運営者の本来の事業を妨害することになります。この場合、運転者には3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
このほか、コインパーキングは、不正利用者が駐車場内に入ることを認めていませんので、このように「入ることを禁じた場所」に「正当な理由がなくて入った者」は軽犯罪法違反の罪に問われます(軽犯罪法32号)。この場合、運転者には30日未満の拘留又は1万円未満の科料が科せられます。

この記事の画像

「コインパーキングの非常識な駐車方法が話題に…違法性は?」の画像1 「コインパーキングの非常識な駐車方法が話題に…違法性は?」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク