『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が出た今だからこそ見たいキムタクを紹介―町中で暴れたりパンティを連呼したりするのは本作だけ!【特集】

『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が出た今だからこそ見たいキムタクを紹介―町中で暴れたりパンティを連呼したりするのは本作だけ!【特集】
『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が出た今だからこそ見たいキムタクを紹介―町中で暴れたりパンティを連呼したりするのは本作だけ!【特集】
2018年12月13日に「龍が如くスタジオ」の完全新作として発売されるも、ピエール瀧氏の騒動により販売自粛となっていた『JUDGE EYES:死神の遺言』。その新価格版が、7月18日に発売されました。

新価格版は、登場キャラクター「羽村京平」のモデル・音声が差し替えられている以外は、初版と全く同じゲーム内容を楽しむことができます。価格も4,540円+税と、初版の8,290円+税に比べて約4,000円お得に。以前から本作が気になっていたという方は、正に本作を楽しむ絶好の機会と言えます。

「羽村京平」のモデルが左→右に変更されただけ(音声も)。それ以外のゲーム内容は変わらず、値段もお手頃価格に!
そんな本作では、歌舞伎町をモデルとした町「神室町」で自由に遊んだり、チンピラや極道とのアクションバトル、様々な思想が入り組む人間ドラマを体験できるわけですが、言ってしまえば同スタジオの代表作『龍が如く』シリーズでも同じようなゲーム体験が可能です。戦闘アクションやストーリー内容、神室町に存在する施設こそ違うものの、根本となる部分は似ているといっても過言ではありません。

では、本作だからこそ……本作でしか楽しめない点は何か? それはずばり「主人公・八神隆之のモデルが木村拓哉さん=キムタクを自由自在に操作できる」というところです。チンピラをぶっ飛ばすのもキムタク、ハチャメチャなストーリーの主役もキムタク、神室町の「富士そば」で「かけそば」を啜っているのもキムタクです。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュース

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュース

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月18日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。