『龍が如く7 光と闇の行方』主題歌は中田ヤスタカ&湘南乃風、北米・欧州版も2020年発売へ【TGS2019】

『龍が如く7 光と闇の行方』主題歌は中田ヤスタカ&湘南乃風、北米・欧州版も2020年発売へ【TGS2019】
『龍が如く7 光と闇の行方』主題歌は中田ヤスタカ&湘南乃風、北米・欧州版も2020年発売へ【TGS2019】
       
2019年9月12日から15日までの4日間、幕張メッセにて「東京ゲームショウ2019」が開催。この記事では、9月12日にセガブースで行われた『龍が如く7 光と闇の行方』ステージの様子をお伝えします。

この日ステージに登壇したのは、名越稔洋総合監督、横山昌義チーフプロデューサー、阪本寛之プロデューサー、そして主人公・春日一番役の中谷一博さんの5名。まず名越監督が登壇し、挨拶では8月に発表した後のファンの反応に触れつつ、新たな発表の場に緊張していると語りました。

そして新たなストーリートレイラーが公開されました。春日が牛丼をおかわりするシーンや、新キャラクターがピックアップされたシーンなど、気になる所だらけ。舞台となる横浜を支配する三大勢力「異人三」も明らかになり、中国マフィア「横浜流氓」、姿なき組織「コミジュル」、横浜最大の極道組織「星龍会」が発表されました。映像ではそれぞれの主要人物も紹介されています。

横浜流氓の趙天佑は、今回のセガブースのビジュアルに大々的に描かれているため、物語において重要な人物かもしれません。果たしてどのように春日一番に関わるようになるのでしょうか。

そして本作のテーマソングを中田ヤスタカさんと湘南乃風がタッグ組んで制作されることも発表されました。湘南乃風は今までの『龍が如く』作品でも主題歌を担当していますが、中田ヤスタカさんについては、名越監督が以前から一度仕事がしたかったと発言。今回実現となりましたが、ここまでくる間に名越監督が自身の病状を理由に一度断ろうとしたそうです。しかしアーティスト側から「やろう」と声が上がり、名越監督の病床まで打ち合わせにきたというエピソードが語られました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュース

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュース

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月13日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。