『仁王2』完成発表会に竹中直人さん、波留さんが登壇─「自分の顔が大嫌い」「ゲームは日課です」など、撮影時のエピソードや本作への思いを語った

『仁王2』完成発表会に竹中直人さん、波留さんが登壇─「自分の顔が大嫌い」「ゲームは日課です」など、撮影時のエピソードや本作への思いを語った
『仁王2』完成発表会に竹中直人さん、波留さんが登壇─「自分の顔が大嫌い」「ゲームは日課です」など、撮影時のエピソードや本作への思いを語った
       
PlayStation4向けダーク戦国アクションRPG『仁王2』の完成発表会が3月11日に東京都内で開催され、作中で主人公と行動を共にする「木下藤吉郎」役の竹中直人さん、妖怪ハンター「無明(むみょう)」役の波瑠さんが登壇しました。

本作は、コーエーテクモゲームズの10周年記念作品。ワールドワイドで300万超のセールスを記録する『仁王』の続編です。

「戦国死にゲー」として正当進化した『仁王2』

舞台は、徳川家康により天下統一が成される幾らか前の戦国時代。人と妖怪の間に生まれた「半妖」の主人公と、“霊石”を売り歩く商人・藤吉郎が出会い、2人が戦国時代を“仁王”の如く駆け上がる「秀吉」の物語が描かれています。

世界中のプレイヤーから好評を得た、「ハードな侍アクション・ハクスラ・戦国武将たちと紡ぐ重厚なオリジナルストーリー」は本作でも健在。新たな力である「妖怪化」、不気味な姿形で襲いかかる邪悪な妖怪たちと彼らが生み出す「常闇(とこやみ)」の世界など多くの要素が加わり、さらなる達成感を提供できる仕上がりとのことです。

竹中直人さん「自分の顔が大嫌い」、波瑠さん「ゲームは日課」
完成発表会には、竹中直人さんと波瑠さんが登壇しました。2人が起用された経緯については、妖怪が登場するとはいえど戦国時代が舞台なので、リアリティを出したかったからとのこと。そして、これまでドラマや映画で何度も「秀吉」を演じてきた竹中さん、戦国時代に妖怪を狩る「無明」には強さと美しさを兼ね備えた波瑠さんがふさわしいとオファーをされたそうです。
インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「RPG」に関する記事

「RPG」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「RPG」の記事

次に読みたい「RPG」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。