任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】

京都市下京区鍵屋町にある任天堂旧本社ビルが、ホテル『丸福樓(まるふくろう)』として、2022年4月より開業することが明らかになりました。

1974年に任天堂の前身である山内任天堂が、花札・かるた・トランプの製造や販売を目的として「丸福株式会社」を設立。その“丸福”という屋号が、今回のホテル名に含まれた形となります。

客室は7つのスイートを含む全18室。旧社屋で使われていた当時の建築様式や内装を活かした「既存棟」と、世界的建築家である安藤忠雄氏が設計監修をした「新棟」があり、全室調度品が異なるほどのこだわりが込められているのだとか。

場所は京都駅から車で6分。鴨川と高瀬川の間に位置しています。緑色の瓦屋根と外壁のタイルという、特徴的な外観が目印。歴史を刻んできた建物で、ゆったりとした時間が過ごせそうです。

公式サイトからは、既に宿泊の予約申込が可能です。料金は部屋によって異なり、1泊約7万円前後のものから、約20万円の「丸福樓スイート」まで様々。現在は開業記念として、10%オフになる特別プランも用意されています。

この記事の画像

「任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】」の画像1 「任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】」の画像2 「任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】」の画像3 「任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「任天堂」に関する記事

「任天堂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「任天堂」の記事

次に読みたい「任天堂」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク