※記事内で、ゲーム版における「リーリエ」と父「モーン」の再会に触れています。ご注意ください。

アニメ「ポケットモンスター(アニポケ)」の本日5月20日放送回で、シリーズ屈指の人気キャラクター「リーリエ」が登場します。

今回放送される第111話「モーンとリーリエ、雪原の再会」では、不思議なポケモンの目撃情報を調査するため、サトシたちがカンムリ雪原へ。時を同じくして、リーリエやその兄「グラジオ」、母「ルザミーネ」もカンムリ雪原を訪れるとのこと。

アニポケでは、リーリエ一家が行方不明になった父「モーン」を捜して、旅をしているという設定があります。ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』と同じく、モーンはウルトラホールの実験中に消失。

ゲーム版ではその後、モーンと再会を果たすも記憶喪失になっており、リーリエ一家のことを覚えていないという悲しい展開に。ルザミーネたちは記憶喪失に追及せず、赤の他人となってしまったモーンをそっと見送る……という寂しい終わり方になっています。

一方、アニポケのモーンは回想シーンにのみ登場。直接の登場はまだなく、ゲーム版と展開が変わる可能性も考えられます。タイトルの「モーンとリーリエ、雪原の再会」からして、第111話で再会するのは間違いなさそう。

さらに公式Twitterでは、瞳を輝かせるリーリエの原画も先行公開。「視線の先に、何があるのか…放送をお楽しみに」とし、期待感をふくらませています。

この記事の画像

「アニメ『ポケモン』本日20日放送回に「リーリエ」登場!ゲーム版とは異なる流れで“父・モーン”と再会か」の画像1 「アニメ『ポケモン』本日20日放送回に「リーリエ」登場!ゲーム版とは異なる流れで“父・モーン”と再会か」の画像2