HoYoverseは、PS5/PS4/スマホ/PC向けオープンワールドRPG『原神』にて、次回バージョン「Ver.2.7 虞淵に隠されし夢魘」の予告PVを公開しました。

「虞淵に隠されし夢魘」では、魔神任務間章の開放を筆頭に、テーマイベント「険路怪跡」をはじめとする各種イベントが開催されます。新キャラクター「夜蘭」と「久岐忍」もゲーム内に本格参戦。魔神任務では「魈」や「荒瀧一斗」も活躍する模様です。

◆新たな「魔神任務」開放
メインストーリー・魔神任務が更新され、新たに「間章・険路怪跡」が開放されます。キービジュアルを飾るのは「夜蘭」「魈」「久岐忍」「荒瀧一斗」「煙緋」の5人です。

◆テーマイベント「険路怪跡」開催
新テーマイベント「険路怪跡」が開催されます。地下深くの謎を解明するため、旅人とパイモンは再び層岩巨淵へ旅立つことに。しかし、予期せぬ来客に遭遇し、新たな危機に陥るといいます。

イベントに参加することで、報酬として武器「★4 落霞(弓)」をはじめ、原石や知恵の冠、キャラクター経験値素材などを獲得可能です。

◆各種イベント情報
テーマイベントだけでなく、各種イベントも満載。層岩巨淵から突如湧き出した大量の黒泥を、スメールの学者と協力して止める「深泥奇譚」。荒瀧派から謎の招待状が届く「荒瀧極上盛世豪鼓大祭典」。素材を入れるだけで調度品やおもちゃ製造を楽しめる「炉心機造」などが開催予定です。

◆新システム

この記事の画像

「『原神』Ver.2.7新情報ひとまとめ!夜蘭、久岐忍ら本格参戦―新たな「魔神任務」開放へ」の画像1 「『原神』Ver.2.7新情報ひとまとめ!夜蘭、久岐忍ら本格参戦―新たな「魔神任務」開放へ」の画像2 「『原神』Ver.2.7新情報ひとまとめ!夜蘭、久岐忍ら本格参戦―新たな「魔神任務」開放へ」の画像3 「『原神』Ver.2.7新情報ひとまとめ!夜蘭、久岐忍ら本格参戦―新たな「魔神任務」開放へ」の画像4
「『原神』Ver.2.7新情報ひとまとめ!夜蘭、久岐忍ら本格参戦―新たな「魔神任務」開放へ」の画像5